2019年 7月 17日 (水)

「ぷう、お前何やってんだ!」 キラキラさん増加に職場煩悶

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   これまでの常識にとらわれない独創的な名前が「キラキラネーム」と呼び習わされるようになって久しい。今日では、「光宙」(ぴかちゅう)、「黄熊」(ぷう)、「泡姫」(ありえる)、「飛哉亜李」(ひゃあい)などと名乗る人に出会っても眉ひとつ動かさずに応対しなければならないのだから骨が折れる(噴き出すなどもってのほか)。

読めますか、こんな名前

まぶしくて、目がくらみそう
まぶしくて、目がくらみそう

   赤ちゃんの命名サイト「赤ちゃん名づけ」や名字検索サイト「名字由来net」を運営する「リクルーティングスタジオ」が発表した「2016年上半期キラキラネームランキング(30位まで発表)」によると、1位は「碧空」(みらん、あとむ)。2位「星凜」(きらり、あかり)、3位「奏夢」(りずむ)、4位「輝星」(べが、だいや)、5位「妃」(ひな、きらり)など、いかにも目にも眩しい名前がずらり。さらに、適当に見つくろって紹介すると14位「七音」(どれみ、おんぷ)、19位「苺愛」(いちあ、べりーあ)、23位「愛羅」(てぃあら、あいら)......。ほとんどが「難読」といったレベルを超越して輝いている。

   命名は、親の願いのこもった、自由な発想によるものだとしても、キラキラネーム世代が社会人になり、職場に増えてくると、事が微妙になる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中