2020年 5月 25日 (月)

先輩に教えられたお金の使い方(ライフネット生命会長・出口治明)

印刷

   新人のころ、先輩に叩き込まれた心得が忘れられません。

「人に貸す金、女性に貢ぐ金、株を買う金、この三つは返ってくると思うな」
「借金は絶対にしたらアカン。必要ならおれが貸してやる」
  • 今では割り勘で気分よく!
    今では割り勘で気分よく!
  • 今では割り勘で気分よく!

上が下におごるルールだった

   給与が毎年増える高度成長下、「消費は美徳」と世の中が浮かれている気分がありました。「サラ金」などと呼ばれた消費者金融が出始めた頃です。それが1970年代後半になると、過剰な融資や高い金利、きびしい取り立てなどから社会問題化しました。先輩の指導は正しかったのです。

   京都支店に次いで大阪本店に配属された僕は、しょっちゅう飲みに行っていましたが、自分でお金を払った記憶がありません。みんな先輩が払ってくれたからです。たまには、と財布を出そうとすると、「アホ! お前が偉くなったら後輩にごちそうしてやればいいんや」と叱られました。上が下におごる、それが当時のルールでした。

   毎度ごちそうになりながら、先輩からは、

「社外の人と飲むときには自分で払うんやで」
「ただ酒ほど高いものはない」

とも教えられました。会社の中の人たちは疑似家族のようなものでいくら甘えてもかまわないけれども、外の人と付き合うときにはきちんと筋を通すように、という意味でした。会社の諸先輩からは、公私にわたって実にいろいろなことを教えてもらいました。

   入社して3年目に大阪本店の企画部に異動してしばらくすると、自分の下に部下もでき、同期と飲みに行くときは割り勘、部下にはおごるという感じになりました。同期は約160人で、いろいろな部門にいたので、情報交換するのはとても有意義でした。毎月、酒代と本代にお金が飛んでいきました。

出口治明
出口 治明(でぐち・はるあき)
ライフネット生命保険株式会社創業者。1948年三重県生まれ。京都大学卒業後、1972年に日本生命保険相互会社入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを歴任。2008年、ライフネット生命保険株式会社を開業。著書に『生命保険とのつき合い方』(岩波新書)、『働く君に伝えたい「お金」の教養--人生を変える5つの特別講義』など。
2018年1月から、立命館アジア太平洋大学学長、学校法人立命館副総長。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中