2019年 10月 19日 (土)

今やどこにもいる「貧困女子」 2人に1人「私も」「やがて」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「日経WOMAN」2016年11月号によると、働く女性の4人に1人が自らを「貧困女子」と考え、ほぼ同割合が「貧困」になる危機感を抱いているという。

  • 2人に1人は……
    2人に1人は……

「堅実」で知られる読者ですら

   同誌の公式サイトで2016年4月、1580人を対象に「『貧困女子』または『貧困女子』予備軍だと思いますか?」というアンケート調査を行ったところ、「貧困女子だと思う」24.9%、「貧困女子予備軍だと思う」27.1%の結果となり、実に半数を超える女性がすでに貧困、あるいは貧困すれすれであると認識している実情が明らかになった。

   同アンケートの個別回答を見ると、

「学生時代のクレジットカードの返済がまだ残っています」(22歳・建設・経理・年収300万円・貯蓄残高ゼロ)
    「400万円以上お金が貯まっても、仕事が一段落して時間ができるとどこかに消えていく...」(35歳・IT・デザイナー・年収200万円・貯蓄残高ゼロ)
    「このまま、おひとりさまの老後に突入しそう」(39歳・IT・SE・年収350万円・貯蓄残高2900万円)
    「40代で派遣社員。この先、仕事があるかどうかも分からないので」(43歳・金融・事務・年収160万円・貯蓄残高ゼロ)
    「貯蓄がない。常に赤字。副業をしないと、家計が全く回らない」(33歳・通信・事務・年収320万円・貯蓄残高ゼロ)

と冷え冷えとした生活実態が報告されており、「堅実」で知られる日経WOMAN読者ですらここまで追い詰められているのか、と驚かされる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中