2019年 12月 11日 (水)

アイテムがあるだけでは不十分 社会で使えると証明するには

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   私は今、東京に滞在して「就活」について調査をしています。就活の闇についてリアルなドキュメントを作りたいわけではなく、学生と企業をつなぐ道のこじれを解消するような何かを探している段階です。

  • 「もっているだけじゃダメですよ!」
    「もっているだけじゃダメですよ!」

「装備」コマンドを打っていない

   この2週間も多くの大学生、大学関係者、企業人事の方々にお話をうかがっています。そんななかで、ひとつ分かったことがあります。就活時の「学生が自分を見せたい姿」と「企業が学生に見せてほしい姿」にずれがあるということです。

   このずれを「装備」という概念を元に解説してみます。

「ぶきや ぼうぐは かならず そうびしてください! もっているだけじゃダメですよ!」

   これは、ゲーム「ドラゴンクエスト2」の最初で、お城の兵士が言っている言葉です。主人公は銅の剣という武器を王様からもらうのですが、持っているだけではなんの役にも立ちません。「装備→銅の剣」というコマンドを打ち、手に取ることで、銅の剣で敵をぶったたくことができるようになるのです。

   多くの大学生の人たちも、この「装備」というコマンドを打っていない状態です。

   彼らは生まれてから二十数年、国語数学理科社会から、美術や体育、人間関係から社会常識までたくさんのことを学んできました。道具袋の中には、そんなアイテムがいっぱいです。しかし、道具袋の中に入れたままでは、村の外に出て敵が襲いかかってきたとき、役に立ちません。

   例えば、英語。たくさんの単語を覚え、発音の練習をし、文法を学んで文章も書けるようになりました。しかし、その状態だと、まだ外国人に面と向かったとき会話ができません。また、企業の人が「この人は外国人と仕事をすることができるか?」と思ったときに判断することができません。

   そこで必要なのが「装備」です。装備のひとつの方法が「資格」。例えば、今まで手に入れた英語の知識を使ってTOEIC700点を取ると、外部の人から見て「あの人はそれなりに英語が読める」と判断してもらえるようになります。

   ただ、この装備が完璧ではないことも知られています。TOEICの点数が高くても外国人を目の前にして全然しゃべれない人を企業の人はたくさん知っているからです。

   そこで、もっと効果のある装備の方法が「実践」です。英語の知識を総動員して、「カンボジアのカレー屋で、新しいカンボジア人従業員の募集広告を英語で出し、英文履歴書を読み、英語で面接を行い、採用した」という実績をつくればどうでしょう?外部の人から見たら「かなりの高確率で、英語の読み書きを使った外国人との仕事できる人」と評価されるはずです。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中