2019年 12月 12日 (木)

中古住宅購入の後押しローン登場 異次元低利かつ有利な固定金利

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   中古住宅は新築に比べて安いが、リフォームが必要で費用負担が重い。リフォームローンもあるが、金利が高くて返済期間が短く、毎月の負担が大きい。

   そこで購入をあきらめるか、あるいはリフォームを見送り、設備の傷みや部屋の汚れに目をつぶるかだ。

   そうした問題解消のため、みずほ銀行や新生銀行、住宅金融支援機構などが中古住宅取得時に、リフォーム資金も住宅ローンと同じ条件で借りられるリフォーム一体型住宅ローンを扱い始めている。

  • 耐震性能、省エネ性能などに優れた住宅も対象
    耐震性能、省エネ性能などに優れた住宅も対象

性能向上リフォームの住宅取得に

   そこにニュースが。この2016年10月から異次元の低金利といってもいい住宅ローンが登場している。住宅金融支援機構の「【フラット35】リノベ」だ。

   このローンは、一定条件を満たす、性能向上のためのリフォームが行われた中古住宅を取得する場合、あるいは取得後にリフォームを行う場合、当初5年間または10年間の金利を0.6%引き下げる。

   全期間固定金利で、返済期間15~20年なら当初10年間は0.33%から、21~35年でも0.43%から利用できる(金利は11月分)。

   現在、メガバンクの変動金利型の金利は0.625%だから、それより低い金利で、しかも全期間固定で利用できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中