2019年 12月 13日 (金)

SMAP解散、実はよくある話 事を「辣腕」の扱いと見れば

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2016年も師走を迎え、テレビ、雑誌で1年を振り返る企画も増えるこの時期、今年の大きな話題のひとつとして、国民的アイドルグループSMAPの解散騒動が多数取り上げられています。

問題は事務所の経営層にあった

できる幹部社員との信頼関係、意外にもろいものか
できる幹部社員との信頼関係、意外にもろいものか

   この件に関して私は聞きかじりで、女性マネージャー氏がメンバーを引き連れての独立を企て、それが失敗しメンバー間に不協和音が生じて解散に至った、ぐらいの認識でおりました。ところが、たまたま書店に並んでいた、この一件を2年前の発端からずっと追いかけてきた週刊誌記者がまとめた書籍、すなわち解散に至る顛末記を立ち読みして、少しばかり新たな発見がありました。どうやら、問題はマネージャー氏よりもむしろジャニーズ事務所サイド、特に経営層にあったようだ、という発見です。

   マネージャー氏がドラマやバラエティ番組を通じてアイドルグループを売り出すという新手の戦略でSMAPを大ブレイクさせ、その後の事務所繁栄につながる基本戦略をも確立させた大功労者であったということも発見のひとつでした。書籍では、彼女が出来すぎ、かつタレントの人望も厚かったために、事務所は後継二代目の組織内求心力低下を恐れ、SMAPの版権管理を目的とした別会社を設立して彼女を実質経営者として隔離した、という見方が示されていました。

   彼女はそれにより、功労者として経営者から認められ一国一城の主となったと認識し、本体とは別動でSMAPを動かし、結果として経営陣および後継二代目が率いる本体と実質二分される状態に。そして最終的に「後継と対立する派閥を作るなら出て行け」という経営者の一言に失望。独立を画策するも失敗して彼女だけが事務所を追い出され、その余波で分裂したSMAPは解散の憂き目を見たということだったようです。

   この話を知って、すぐに思い浮かんだ過去の「事件」がありました。

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中