2019年 12月 8日 (日)

コミュニケーションが不得意 それは女性上司に限らぬこと(江上剛)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
「女性の上司に仕えています。口頭で文句を言われたり、人前で意見されることはありませんが、メールで細かい指示が来ます。直接、簡潔に言ってもらうほうがすっきりすると思うのですが」

   この指示の仕方は、別に女性上司だからということはないでしょう。こういう上司は増えているんじゃないでしょうか。

  • 話しかけにくい上司は、男性にも女性にもいる
    話しかけにくい上司は、男性にも女性にもいる

男性上司よりもベターなことも

   いわゆる部下と直接のコミュニケーションを拒否する上司です。拒否する理由は色々です。苦手ということもあるでしょう。そもそも口頭で指示するより、パソコンの前で指を動かすほうが得意。また部下の顔を直接見たくない。なぜなら見ることにそもそも慣れていないこともあるし、見ると言いたいことも言えないから。

   いずれにしてもコミュニケーション能力が欠けているというか、苦手なのでしょうね。

   女性の上司について言えば、あまり不満を聞いたことがありません。むしろ男性上司よりベターだって声のほうが多い気がします。

   なぜなら男性上司は、男性の部下に嫉妬したり、女性にセクハラしたり、信用せず仕事を任せなかったり、また役員など自分の上司にやたらと媚びたりとさんざんです。

   しかし女性の上司は(中にはよくない人もいるでしょうが)、少なくとも男性の部下に嫉妬しません。もちろん女性の部下にも、です。むしろ女性の部下の目標になろうとする。またこれが一番いいのですが、役員などにあまり媚びることがない。その理由は自分の実力に自信があるからです。

   そんなわけで女性の上司のほうがいいんじゃないですか。飲み会に無理やり誘われることも少ないでしょう。あなたの私生活が犠牲になることもありません。

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中