2019年 12月 11日 (水)

英語を侮るなかれ 「とりあえず日常会話」はダメ!(11)

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   先日、40代のビジネスマンから「僕も、英会話学校に通ってみようかな」と相談を受けました。ニューヨークタイムズや海外ニュースを英語で読むために、「とりあえず日常英会話から始めよう」と思ったとか。

   「ちょっと待った!」 私は思わず叫んでしまいました。

  • 「とりあえず!」は続かない……
    「とりあえず!」は続かない……

「日常英会話」のワナ

   じつは、この「とりあえず日常英会話」こそ、私がはまった「落とし穴」だったのです。

   まずは私とビジネスマン氏の遣り取りを。

―― それにしてもなぜ、英語をやり直したいと思ったのですか? 

と、私。

―― 今さら恥ずかしいけど、ニューヨークタイムズや海外ニュースを英語で読めるようになりたくて。トランプ米大統領のニュースや政治の話題を、現地のメディアがどう報じているか興味が湧きました。最近、世界のニュースがおもしろいじゃないですか!

と、ビジネスマンは言います。

―― 確かに、海外ニュースはホットですよね。でも、どうして英会話学校なのですか?

―― 僕、英語が大の苦手で...... 初心者だから、とりあえず日常会話から始めるべきですよね?

―― いえ、「日常会話」は意外と難しいですよ。侮ってはいけません!

―― えっ、そうなの?「日常会話」って英語の初歩じゃないの?

   そうなんです。「とりあえず日常会話から始める」は、初心者の方がはまりやすい落とし穴なのです。

   「日常会話は簡単」と思いがちですが、実際は奥が深い。範囲が膨大で、いくら覚えてもキリがありません。

   また、日常会話で使われるブロークンな言い回しや口語体の英語は、海外経験がある人や、外国人と話す機会が多い人以外はなじみがありません。テキストに載っている英語とはちょっと違います。

   結局、「相手が何を言っているのかわからない」→「会話が続かない」→「自己嫌悪を感じる」という負のスパイラルに陥りかねません。

   みなさんも「あんなに勉強したのに会話が続かない」と、落ち込んだ経験はありませんか?

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。TOEIC(R)L&Rテストの最新スコア970点。これまで英検、TOEIC、TOEFL、IELTSをすべて受験し、GMATにも挑戦。30年近く仕事をしながら英語を学び、海外駐在員として滞在したロンドンでは、イギリス式の英語学習法も体験した。「いくつになっても英語は上達できる」をモットーに、40代での英語やり直しを提唱している。現役ビジネスパーソンならではの実践的なアドバイスが「役に立つ」と人気。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中