2019年 6月 25日 (火)

今どき夫婦の新しいカタチ 「大黒柱女子」に男性からも共感の声

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   家庭の「大黒柱」といえば、男性という時代はもう、ずっと遠い昔のお話だ――。そう思わせてくれるインターネットテレビの番組、AbemaTVで配信された「Wの悲喜劇 ~日本一過激なオンナのニュース~ 」(2017年5月13日放送)が、評判を呼んでいる。

   女性の社会進出とともに「専業主夫」の男性が増えつつあるなか、出演した「大黒柱」となった女性たちの声に、女性だけではなく男性からも共感の声が広がっている。

  • 「大黒柱女子」たちの話は尽きない…… (画像は、AbemaTV「Wの悲喜劇 ~日本一過激なオンナのニュース~ 」から)
    「大黒柱女子」たちの話は尽きない…… (画像は、AbemaTV「Wの悲喜劇 ~日本一過激なオンナのニュース~ 」から)

「妻の扶養に入った男性」10万9367人

   この日のテーマは「大黒柱女子」。MCのSHELLYさんをはじめ、働くアラサー向け情報サイト「ウートピ」編集長の鈴木円香さん、ライターの吉田潮さん、「J‐CASTニュース」執行役員の蜷川聡子、ほかにも「大黒柱女子」として働く女性たちがゲストとして本音トークを繰り広げた。

   日本でも失業率の上昇や働き方の多様化によって、専業主夫の男性が増えつつある。厚生労働省の調査によると「妻の扶養に入った男性」は1999年には4万7671人だったが、2014年には10万9367人と約2倍に増加した。

   また、20代、30代を対象にした調査によると「妻の収入さえよければ、専業主夫でも構わない」と答えた男性は60%にのぼった(楽天オーネット調べ)。

   いまや女性が働くことが当然になった時代とはいえ、仕事と家事の両立、さらには子育てともなると、夫・妻とも日々の暮らしへの悩みは尽きないようだ。

   ゲストの一人、リントス代表の川崎貴子さんは共働き希望の女性のための婚活サイト「キャリ婚」を運営し、さまざまな共働き夫婦を誕生させてきた。川崎さん本人も実母を呼びよせ、自分と夫の3人で子育てをしている。子どもが小さいうちは夫が専業主夫だったが、現在は夫婦ともに働き、自らが料理、夫が掃除、母親が洗濯という役割分担だ。

「夫は本当に『乳を出す』以外、全部できるんです。逆にキメ細かいし、子どもの顔色が悪いとか、熱を出すタイミングとか専業で見ているからこそ分かる。『母親だから分かる』は幻想です」

と、きっぱり。

   その発言に、一同は「そうそう!」「分かる~」と溜息が。

   「責任を持って見ている人が一番分かるんです」と、川崎さんはいう。

   ライターの吉田潮さんは、「別居婚」を実践中。静岡で実家を継いだ夫とは毎日スカイプで会話はするものの、会うのは2~3か月に1回。生活も別、家計も別という結婚生活だ。

「だから恋人みたいな感じですね。家計や収入のリスクを分散しておくと『耐震構造』になる。だからうちは大黒柱というよりは『2本柱』なんです。いつどちらかが倒れてもいいような」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中