2019年 10月 23日 (水)

エリート海外駐在員もハマった 「Yes」「No」のワナ(17)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   私はこれまで、「英語がペラペラ」なのに「英語で失敗する人」を数多く見てきました。

   今回は「Yes」「No」の使い方を間違えて恥をかいてしまった、エリート駐在員をご紹介します。さて、英語が得意な彼はなぜ、「Yes」「No」で失敗したのでしょうか?

  • 学校じゃ教えてくれない「YES」「NO」
    学校じゃ教えてくれない「YES」「NO」

ホントに「No」でいいの?

   ニューヨーク、ロンドンと海外ビジネスの現場を渡り歩き、自他ともに認めるエリート駐在員と英国企業を訪れた時のことです。事前の交渉がスムースにまとまり、あとは契約書にサインをするだけ、という局面で「事件」は起きました。

   契約書の内容を説明し終えたイギリス人弁護士が、最後の念押しをします。

   「Don't you agree with this ?」(同意しないですか?)

   契約書の内容に満足したエリート氏は、満面の笑みを浮かべてこう答えました。

   「No! I agree 」

   「あ~あ、やっちゃった!」

   二人のやり取りを聞いていた私は頭を抱えました。

   イギリス人弁護士の質問は否定疑問文で、「もちろん同意しますよね?」というニュアンスを含んでいます。

   じつは、英語と日本語では、否定疑問文への答え方が異なります。「Yes」と「No」が逆になり、次のどちらかの答え方しかありません。

   「Yes, I agree」   (いいえ、同意します)

   「No, I don't agree」 (はい、同意しません)

   「いいえ、同意します」という日本語を直訳してしまったエリート氏。「Yes, I agree」と言うべきところを「No」と言ってしまい、「同意するのかしないのか」真意がわからない返答になってしまいました。

   困惑した弁護士が「Yes or No?」(同意しますか? しませんか? )と、何度問いかけても、「No!」(同意しません!)を繰り返す始末。しかも、自分では「同意する」と言っているつもりですから、笑顔を浮かべたままです。

   最後は、「同意するのか、しないのか、いったいどっちなんだ!」と、相手を怒らせてしまいました。取引が中止になったことは言うまでもありません。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。TOEIC(R)L&Rテストの最新スコア970点。これまで英検、TOEIC、TOEFL、IELTSをすべて受験し、GMATにも挑戦。30年近く仕事をしながら英語を学び、海外駐在員として滞在したロンドンでは、イギリス式の英語学習法も体験した。「いくつになっても英語は上達できる」をモットーに、40代での英語やり直しを提唱している。現役ビジネスパーソンならではの実践的なアドバイスが「役に立つ」と人気。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中