2019年 10月 19日 (土)

10年後の夫婦のカタチ 専業主婦より「専業主夫」!?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   もはや女性の就業は当たり前の時代。「2017(平成29)年版 男女共同参画白書」によると、2016年の女性(15~64歳)の就業率は66%と、過去最高を記録した。

   それと同時に、共働きの夫婦も増えていて、当の主婦たちは「共働き世帯がもっと増える」と予測しているようだ。

  • 10年後、74.3%が「夫婦対等に共働き」になる!
    10年後、74.3%が「夫婦対等に共働き」になる!

74.3%が「夫婦対等に共働きになる」

   主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」の、しゅふJOB総研が「10年後に増えそうな働き方」(2017年6月22日~7月10日調査。有効回答者数は787人)を聞いたところ、「夫婦対等に共働きになる」と答えた主婦が74.3%にのぼった。

   また、「夫が中心となって働き、妻は補助的に働く」と答えた主婦が24.9%。逆に、「妻が中心となって働き、夫は補助的に働く」は4.6%となった。「その他」も5.3%あった。 さらに、「夫が働き、妻は専業主婦」は2.4%に過ぎなかったものの、「妻が働き、夫は『専業主夫』」は3.4%だった。「夫が『専業主夫』」として働くよりも、「妻が専業主婦」として働くほうが「あり得ない選択」らしい。

   なぜ、専業主婦のほうが減るのか、その理由を聞いてみると、半数を超える56.5%が「キャリア、起業志向の女性が増えそうだから」と答え、トップ。次いで、「女性もキャリアを築きやすい環境が整いそうだから」が54.3%、「家事・育児をシェアする家庭が増えそうだから」が50%、「ITの進化などで在宅でも働きやすくなってきたから」の39.1%と、労働環境の変化をあげる声が続く。

   また、「女性ならではの感性が社会から求められてきているから」(32.6%)や、ズバリ、「男性に頼りがいがなくなってきているから」(23.9%)という意見もあった。「女性の給与が高くなってきているから」との理由も13%あった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中