2019年 12月 9日 (月)

ボージョレ解禁! 17年は「かなり凝縮感のある」味 ワインパーティーでほろ酔い気分

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   フランスからの空輸で届いた新酒のワイン「ボージョレ・ヌーヴォー」が、2017年11月16日午前0時に解禁された。

   通常、ワインは翌年の春ごろから出荷が始まるが、ボージョレ・ヌーヴォーは収穫からわずか6週間で瓶詰めされる。ブドウの収穫後、最も早く出荷されるワインのひとつで、いわば「旬の味」。J‐CASTニュース編集部にも届き、さっそく封を切った。

  • カンパ~イ!
    カンパ~イ!
  • 「アルベール・ビショー ボージョレ・ヌーヴォー 2017」
    「アルベール・ビショー ボージョレ・ヌーヴォー 2017」
  • 「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2017」(左)は、「第17回トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー 2017」で金賞を受賞した
    「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2017」(左)は、「第17回トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー 2017」で金賞を受賞した
  • どんな料理にもピタリ!
    どんな料理にもピタリ!

「旬の味」は、どんな料理にもピタリ!

   「2017年のボージョレは、かなり凝縮感があり、濃いヌーヴォーですね。余韻も長く、とても良い出来です」。その出来ばえに太鼓判を押してくれたのは、ワインソムリエの資格を持つ、フリーアナウンサーの天野恵理子さん。

   こくこくこくと、ワイングラスに注がれるボージョレ・ヌーヴォー。ワイン大手、メルシャンの「アルベール・ビショー ボージョレ・ヌーヴォー 2017」は、しっかりと濃いルビーレッド。一方、「第17回トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー 2017」で金賞を受賞した、ボージョレ地区北部の「アルベール・ビショー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2017」は、しっかりとガーネットの色合いに、バラの花のようなニュアンスの香りが漂う。

   もともと、ボージョレ・ヌーヴォーはフランス・ブルゴーニュ地方のボージョレで生産される、その年に収穫された「ガメイ種」のブドウから造られる新酒(ヌーヴォー)のみをいう。

   天野さんは、「『ガメイ』はイチゴキャンディーのような香りが特徴で、果実味豊かな、フレッシュで軽やかなワインができます」と解説。ハム・ソーセージ、カマンベールチーズ、フライドチキンやアヒージョにパスタ、チーズリゾットなど、「どんなお料理にも合いますし、みんなで気軽に楽しく、ガブガブ飲んで食べてください!」と話す。

   渋みが少なく爽やか、フルーティーで口当たりが柔らかいので、とても飲みやすく、ワイン好きはもちろん、ワイン初心者にもオススメ。ワインパーティーにはもってこい、というわけだ。

   ジェイ・キャストの女性社員らも、口々に「おいしい」と言って2杯目、3杯目へと。用意したワインによく合うと、料理にも舌鼓を打つ。

「口当たりがよくて飲みやすい。たしかに今年は味が濃くてしっかりしているみたい。ボージョレがいいわ」
「甘くて渋味がないので、スッと飲めます。これなら脂っこいものにもあいそう。おつまみがススムわ」
「ヴィラージュは、渋味があっておいしいわ。私はこっちが好き」

といって、グイッと飲み干す。

   天野さんは「フレッシュさを楽しむワインなので、開けたら早く飲んでしまいましょう!」というが、ホントにあっという間に2本を空けてしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中