2019年 10月 16日 (水)

たけしの毒舌に「同感」......「一番裏切るヤツは一番よく働く」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   所属事務所の独立騒動で揺れた映画監督でタレントのビートたけし(71、北野武)さんが、新入社員に向けて放った意味深なエール、「一番裏切るヤツは一番よく働く」に、「かなり同感」といった声があがっている。

   ビートたけしさんは、アサヒ飲料が2018年4月3日に発表した「WONDA 2018年ブランド戦略発表会」に、共演の劇団ひとりさんとハライチの澤部佑さん、オードリーの春日俊彰さんと登場。騒動後初めて公の場に姿を見せた、たけしさんは新入社員へのメッセージを求められて......

  • 裏切者は誰だ?
    裏切者は誰だ?

「下剋上の世の中を想定して生きていってほしい」

   ビートたけしさんは、「会社に入ったらまずその会社の人間関係をよく見て、こいつにはついていってはいけない、こいつは上がっていくぞと、そういう人たちの動向を見定めて忠実な会社員になって、いずれそいつを裏切って会長になること。下剋上の世の中を想定して生きていってほしい」と発言。「出世の道は入口が肝心」とばかりに「極意」を伝授すると、ざわつく会場で、劇団ひとりさんが「何かあったんですか?」とツッコみ。すると、たけしさんはさらに「一番裏切るヤツは、一番よく働くヤツですから」と答えた。

   たけしさんは所属事務所の「オフィス北野」を、3月いっぱいで退社。新事務所の「T.Nゴン」で仕事をはじめたばかり。「そもそもオレの会社!」というように、自身の会社を辞めた。3月14日に独立の事実が明らかになり、17日にはたけしさんがTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に生出演して、独立について株式の処分や退職金を辞退したことを明かしていた。

   その一方で、4月1日にはオフィス北野所属のたけし軍団のメンバーがブログなどで声明文を発表。オフィス北野の森昌行社長に「明らかな違法行為」や「完全な裏切り行為」があったなどと指摘していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中