2019年 6月 19日 (水)

「蚊帳の外」の反対語は? 語彙がぐんぐん増える「Googleで英語」の裏ワザ(井津川倫子)

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   ご存じのように、Googleの「急上昇ワード」やtwitterの「トレンド」から、人々の関心が高い「旬の話題」がわかります。

   今回は、Googleの検索機能をフル活用して、英語表現を磨く方法をお伝えしましょう。語彙がぐんぐん増えて、ビジネスでのコミュニケーションにも役に立つ、超実戦的な裏ワザです。

  • ひとり、蚊帳の外……
    ひとり、蚊帳の外……

ステップ1 「蚊帳の外」+「英語」で検索してみる

   30年近く「営業畑」を歩んで来た私ですが、取引先との商談や会合での「ネタ探し」は頭が痛いところです。さらに「英語」となると、ハードルはますます上がるばかり。どんな相手にも「ウケ」て、しかも「へ~、そうなんだ!」と感心されるような「旬の話題」を英語で話したい......

   そんな私が頼りにするのが「Google先生」こと、Googleの検索機能を使った「英語勉強法」です。カンタンに英語で「ネタ」がゲットできて、しかもすぐに使える実戦ワードまで教えてくれるので、「Google先生」様々です。

   まず、Googleの「急上昇ワード」やtwitterの「トレンド入り」したワードの中から、気になったワードや話題を探します。「急上昇」や「トレンド入り」している話題は、多くの人が関心を示しているという証拠。「はずさないネタ」だという安心感があります。

   おもしろそうなワードや話題を見つけたら、「英語では何というのか?」を調べてみましょう。やり方は簡単! 検索欄に「ワード」と「英語」を打ち込むだけです。

   今回は、「蚊帳の外」を例に取り上げます。

   南北首脳会談の後、米国のトランプ大統領や中国の習近平総書記、ロシアのプーチン大統領までをも巻き込んだ国際交渉が動く中で、「日本が『蚊帳の外』になっている」と話題になっているワードです。

   まず、検索スペースに「蚊帳の外 英語」と打ち込みます。

   ワードと英語の間に、1文字分スペースを空けましょう。後は、「Enter」キーを押すだけ。すると、「蚊帳の外 out of the loop」と英語訳が現れます。

   なるほど、「蚊帳の外」「out of the loop」というのか、とうなずきます。「loop」「輪」という意味。英語では「蚊帳」ではなく「輪」の外というのだな、とわかります。これだけでも「雑談ネタ」に使えそうです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中