2019年 7月 20日 (土)

【実践編】3000種類も!! アルトコインを買ってみよう!(ひろぴー)

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   外国為替証拠金(FX)取引で取り扱いが多い通貨ペアとして米ドル円があげられるように、仮想通貨ではやはり「ビットコイン円」の取引が9割以上を占めているようです。

   最初はビットコインの取引で仮想通貨市場の雰囲気をつかんでもらえれば、と思いますが、慣れてきたらアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨のこと)を取引してみましょう。

  • 国内で買えるアルトコインは約10種類!
    国内で買えるアルトコインは約10種類!

ビットコインとアルトコイン

   記事執筆時点(2018年7月16日)で、仮想通貨市場の時価総額は約28億円あります。内訳を見ると、じつに約43%がビットコイン(BTC)、次いでイーサリアム(ETH)が18%、リップル(XRP)が7%となっています。

   ◇仮想通貨市場の時価総額内訳

kaisha_20180801171421.jpg

    出所:coinmarketcap.com

   つまり、仮想通貨市場の7割はBTC、ETH、XRPで占められているのです。

   仮想通貨の時価総額順に見ていくと、上記3通貨とビットコインキャッシュ(BCH)の4位までが時価総額1000億円以上、ライトコイン(LTC)やネム(NEM)など上位90位までが時価総額100億円となっています。

   時価総額100億円以下となると、マザーズに上場している取引が少ない新興株と同じくらいです。

   これらの通貨は取引量も少なく、値動きも荒い傾向にあるため、仮想通貨初心者には向いていません。

   ちなみに、和製仮想通貨として人気のあるモナコイン(MONA)の時価総額は150億円ほどです。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。 現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中