2019年 10月 20日 (日)

「3万円のディナーを奢ってもらうのが当然の世界」に片足突っ込んで思うこと(北条かや)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   女友達から食事会に誘われた。年上の男性数名と、有名店でディナーをするという。合コンとか、大学生がやるような遊びではない。大人同士のステキな会食だ。私は期待し、二つ返事で承諾した。

   「どんなお店?」と聞いて、送られてきた食べログのウェブサイトを見て驚愕。口コミの点数は4.8近く。「死ぬまでに一度は行きたい」「念願かなって最高の味を堪能した」など、絶賛の嵐なのだ。予約が困難な店らしく、女友達の知り合いが半年かかってようやく席をゲットしてくれた。

  • 男性におごってもらうお寿司、やっぱり美味しい!?
    男性におごってもらうお寿司、やっぱり美味しい!?

予算は「1人3万円以上」に目玉が飛び出る

   ほうほう、と予算の個所を見て、目玉が飛び出た。

「一人あたりの予算:3~5万円」

   えええ!? 私はすかさず、彼女に連絡する。

「このお店って、カード使えるかなぁ。やっぱり現金は下ろしていくべき? いくらもって行ったらいいのか...... 緊張してきた......」

   すると彼女が言ったのだ。

「いやいや、誘ってくれた男性が全部ごちそうしてくれるに決まってるじゃない。彼が予約したんだから、全部出してくれるよ」

   ひぇ~~~~! 私の眼球はこの短時間で何度飛び出たことだろう。1人3万円の食事を、初対面の女性に奢ってくれる男性が存在するのか――。

   大げさでなく、この世には「奢られるのが当たり前の世界」がある。

   個人的には、3万円のコース料理など記憶にある限り経験したことはないが、そういえば離婚してから、男性との食事で財布を出したことがほとんどない。出そうとしても、東京の男性は当たり前のようにごちそうしてくれるのだ。

   こんなことを書くと、きっとイヤな奴だと思われるだろう。自分でも卑しい気がするし、「私、奢られるのが当たり前だと思っています」なんて言う女子がいたら、老婆心丸出しで「いやいやアンタ、ちょっとは謙虚になったほうが......」とお説教してしまうかもしれない。

   でも自分だって、同じことをやっている。卑しい。

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中