2019年 11月 19日 (火)

暴落する仮想通貨市場「底」をどう読む? 手堅い慶大、耐える早明、泣く國學大(「カソツー」大学対抗戦)

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ビットコイン(BTC)が暴落している。2018年11月19日朝に63万円台で取引されていたが、その日午後に60万円台を割り込んでからは「売り」が加速。週末には節目の40万円を割ろうかという水準に迫った。

   早稲田大学のTKHは動くに動けず、じっと耐える。寒くて家から出られない明治大学のホフマンも、取引せず。慶応義塾大学の馬医金満は37万円を「底」と読み、リップル(XRP)を保有。下落相場に果敢に挑んだ國學院大學の億トレーダーは、返り討ちにあった。

  • 仮想通貨の「底」はどこだ!
    仮想通貨の「底」はどこだ!

この弱気相場はいつ終わるのか!(早稲田大)

   前週(11月12日週)から引き続き仮想通貨市場は暴落が続いており、収まる気配がまったくない。現物のみのトレードなので、この状況はなかなか厳しい。毎週連載のこの「カソツー」大学対抗戦において、頻繁に取引していきたいのだが、この2週間まったく動けず、心苦しい。

   とはいえ、一度はBTC(ビットコイン)の防衛ラインだと思われていた5000ドルのラインも数日で破られてしまい、いまや4200ドル台まで落ち込み、年初からの最安値を絶賛更新中である。この状況下ではさすがにどの通貨を買うのも気が引けてしまう。

   仮想通貨の一斉売りのこの弱気相場は果たしていつ終わるのか、正直検討もつかなくなってきたが、BTCについては2017年夏ごろにしばらく安定的に推移していた1BTC=30万円ほどにまで落ち込むのではないかと思う。

   ただ、中長期的にみれば、市場を楽観的にとらえることも十分可能だと思う。世界に名だたる大企業のマイクロソフトやスターバックスも仮想通貨取引所を開設することを、2018年に決定しているし、外資大手ファンドも仮想通貨をポートフォリオに加えることを検討し始めている。

   資金が潤沢な機関投資家が仮想通貨の価値を認め、大規模な資金流入が始まれば徐々に投資家たちの不安も薄らいでいくだろう。ここからどう復活するのか楽しみではあるが今年に関しては年末まで下げ相場が続いていくのではないだろうか。

保有する通貨  なし
前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
11月23日現在 1万123円

プロフィール
早稲田大学 TKH
政治経済学部2年。趣味は釣りと読書。最近、健康を気遣ってジムに通い始めました。早稲田大学投資サークルForwardに所属。仮想通貨投資は2017年に始めたばかり。投資経験は大学に入って少しかじった程度だが、この1年間はきちんと市場に向き合って利益を得られるよう努めたい。
明治大学 ホフマン
政治経済学部2年、宮崎県出身。好きな芸能人は、ビートたけし。趣味はエレキベース、DJ。最近は映像やVR作品の作成もスタートした。2017年11月から仮想通貨のトレードをスタート。草コインといわれる底辺コインに手を出し資産20倍などを体験したものの、バブルがはじけて激減。取引のbotの作成に取り組むが断念。今回は1万円を元手に取引するということで、1年かけて50%の増額を目指したい。
慶應義塾大学 馬医金満
環境情報学部2年。周りの友達の多くが情報系、バイオ系の研究をしているなか、元日銀審議委員の教授の下、金融政策を学んでいるマイノリティ。4つのアルバイトを掛け持ちして、年に10日もフリーな日がない。仮想通貨の取引歴は1年ほどで、まだまだ初心者。現在、ブロックチェーン技術そのものの仕組みと、時事ニュースに興味津々。仮想通貨で現金100倍! が目標。
國學院大學 億トレーダー
経済学部3年、埼玉県出身。尊敬する人は、井戸実、本田圭佑、大谷翔平、錦織圭。理由は、明確な目的に向かって貪欲に努力できる人だから。将来はスマートフォンのように人々にとって必要不可決なモノを生み出し、世界的な起業家になるのが夢。株式投資をきっかけに投資の世界に入ったが、現在はFXやCFD(Contract for Difference=差金決済取引)を中心に取引している。テッペン狙います!!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中