2019年 12月 15日 (日)

【企業分析バトル】「サブスク」モデルの大型IPO! 成長見込める「Sansan」値下がったら即買い(國學院大)

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   6月以降、米中貿易摩擦に加えて、ホルムズ海峡をめぐるイラン・米国問題、トランプ米大統領の発言に端を発した日米安全保障問題に、G20大阪サミット、政治・経済がらみの問題が山積みとなっている。

   外国為替市場は、リスクオフ(投資家がリスクを回避して、より安全な資産に資金が向かいやすい状況)を受けて円高が進行。年初のフラッシュクラッシュ以来の円高ドル安水準となっている。

  • 名刺の管理、どうしていますか?
    名刺の管理、どうしていますか?

時価総額1000億円超の大型IPO案件

   【Sansan(4443)】
6月28日現在、「買い」を検討中。
年初来高値(2019年7月2日)  5930円
年初来安値(2019年6月19日) 4730円
2019年6月28日終値      5680円

   2019年6月19日に東証マザーズ市場に上場した「SanSan」。時価総額は1000憶円超えと、大型のIPO(株式公開)案件となった。Sansanは、クラウド名刺管理サービスを提供。また、サブスクリプション銘柄としても注目されている。

   サブスクリプションとは、顧客がサービスや商品の利用期間に応じて料金を支払う方式で、不況期にも比較的安定した収益が期待でき、投資家に人気のビジネスモデルだ。

   さて、時価総額1000憶円超のIPOということで、いったい利益はどれほどなのかと業績が気になるが、Sansanの2018年11月期の当期純利益は、約33億円の最終赤字だった。そのワケは、テレビCMなどを中心とした多額の広告宣伝費を計上していたため。東証マザーズ上場前の評判でも、最終赤字のため、公募割れの声も多かったがIPO当日はストップ高を付けるかたちとなった。

赤字なのになぜ買われるのか?

期待できる!「サブスク銘柄」(画像は、Sansanのホームページから)
期待できる!「サブスク銘柄」(画像は、Sansanのホームページから)

   Sansanはなぜ、IPO当日にストップ高を付けるまで買われたのだろうか――。それは、サブスクリプション・Saas銘柄特有の利益構造にある。Sansanのような「サブスク銘柄」は、他の銘柄と比べて利益率が非常に高い。また、サブスクリプションは一度契約をしたら解約しにくい傾向があり、季節変動の少ない安定した収益を得られることから、広告費などの先行投資を行うことが多いとされる。

   このような利益率や安定した収益が見込めるサブスク銘柄は「PSR」(株価売上高倍率=時価総額÷年間売り上げで算出。PSRが低いほど、株価が割安と判断)を使用して割高感・割安感をみることが多く、このPSRでみると、Sansanのそれは世界的な平均値10~12倍とほぼ変わらないことがわかる。IPO当日は、このPSRからさほど割高感はないと判断した投資家が「買い」で参戦したのかもしれないと考えた。

   今回、大型IPOで市場をにぎわせたSansanだが、一方で日経平均株価が乱高下しているため、なかなか「買い」での参加は難しそう。また、ベンチャーキャピタル(VC)も将来的には売ってくる可能性が高いので、しばらく様子見することにした。

   成長性を見ても、とても優良銘柄だと思うので、急落などがあった場合は即座に「買い」で入りたい。

【株式取引ルール】
・月200万円を上限に最低1銘柄(企業)を選ぶ、バーチャル投資です。
・投資対象は、新興市場を含む上場企業の現物取引です。
・1年間のトータルで損益を競います。
プロフィール
國學院大學 KISHU
経済学部3年。大学の投資サークルKISHU代表。投資は、FX投資歴が約3年。株式投資歴は1年半ほど。株式は長期投資がメイン。「同世代、次世代の後輩たちに投資を広め、少子化で厳しくなる世代だからこそ投資の素晴らしさを伝えたい。投資が身近な存在である社会にしたい!」と思っている。「温かい目で見守っていただけると幸いです」
Twitter:@KISHU_KGU
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中