2019年 8月 26日 (月)

話題のスマホ決済 一番使いやすくてオトクなのは? 知って安心、種類と注意点

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   いまや百花繚乱のスマホ決済。2019年7月には、新たにコンビニ大手の「7Pay」(セブンペイ=セブン-イレブン)や「フェミペイ」(ファミリーマート)が参入。とにかく、たくさんの種類があって、迷ってしまいます。

   小銭いらずのキャッシュレスは便利だけど、いったいどれを選べばいいのか、どれが使いやすくてオトクなのか――。ITジャーナリストの久原健司さん、教えてください!!

  • いくらスマホ決済が流行っているからといってむやみに手を出すと……
    いくらスマホ決済が流行っているからといってむやみに手を出すと……

カード払いからスマホ決済へのステップ1

   スマートフォンによるキャッシュレス支払いの手段はいろいろ。最近流行のQRコードを使った「○○Pay」決済は、キャッシュバックキャンペーンの破壊力もあって話題ですが、まずは「カード機能」がスマホに搭載されたタイプから。こちらは、Suicaなど前払いのプリペイドカードとデビットカードなど即時払いのリアルタイムペイ、各種クレジットカードなど後払いのポストペイの3種があります。

   あなたが今、スマホ決済を利用しているのであれば、この機能のどれかが、スマホに搭載されているワケです。

   それぞれの概要とメリット、デメリットについて、久原さんはこう説明する。

「現在、最も普及率が高いのが、クレジットカードのポストペイ。購入した商品の代金をクレジットカード会社が肩代わりし、後日利用者が支払う仕組みですが、クレジットカードのメリットは利用した金額によるポイント還元サービスです。貯まったポイントは商品やサービス、電子マネー、他社のポイントに交換可能で、ポイントは実質的に現金と同じ価値として利用することができます。 半面、デメリットは入会審査があることや年会費がかかること。また、使いすぎてカード会社への毎月の返済が滞ると、その後カードが使えなくなったり、銀行などでローンが組めなくなったりする可能性があります」

   プリペイドカードには、SuicaやPASMO、Edyなどの電子マネーを利用できるICカードや、図書カードやiTunesカードなどがあります。そのメリットとデメリットは?

「プリペイドカードはクレジットカードのような入会審査がなく、銀行口座も必要ありません。プリペイドカードを買う、またはチャージするお金があれば、利用できるのが最大のメリットです。 代金はすでに支払い済みなので、クレジットカードのような使いすぎの心配もありません。ただし、Suicaなど一部のカード以外は払い戻しができないデメリットがあります。また、追加チャージができないタイプのプリペイドカードには、残高を使い切るのが難しい場合もあります」

と、久原さん。自分が使いやすいのは、どのタイプのプリペイドカードか、事前に確認しておく必要がありそうです。

あわいこゆき
あわいこゆき
ライター。主に女性のライフスタイルをテーマに執筆。一般の人から芸能人、文化人、企業の社長、政治家まで幅広く取材しています。

わたし、「貯蓄オンチ」女子から脱出する!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中