2019年 11月 12日 (火)

ええっ、アダルトサイトを見る女子小学生がこんなに多い?! 調査で判明した意外な理由

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   SNSなどをきっかけに子どものネットトラブルが増えているが、オンラインゲームとともにアダルト情報サイトや出会い系サイトをめぐる被害相談が上位を占めていることが、小中高生を対象にした国民生活センターの調査でわかった。

   特に、アダルト情報サイトを見て高額な料金を請求されるなどの被害が、小学生の男子ばかりか女子でも上位1~2位を占めている。親は自分のクレジットカードを無断で使われて、ショックが2倍の実態だが、いったい子どもにどう接したらよいのか。注意点を調査担当者に聞いた。

  • 子どもが「出会い系サイト」に興味?
    子どもが「出会い系サイト」に興味?

被害の上位1、2位はアダルトサイトとオンラインゲーム

   調査は、国民生活センターが2019年8月8日に発表した「家族で防ごう! 子どものネットトラブル」だ。全国の消費生活センターに寄せられた小学生、中学生、高校生の本人や親からの相談事例をまとめた。「親に内緒で、オンラインゲームで高額な課金をしてしまった」「無料のはずのアダルトサイトを見ていたら、高額のカネを請求された」「出会い系サイトで女性と知り合ったが、相手はサクラだった」などの相談例が多い。

   小・中・高校生のネットトラブルは、2016年は全国で計8218件、2017年は5963件、2018年は66548件だった。

   内容を見ると、子どもに大人気の「オンラインゲーム」が過去3年で1~3位に入っている。しかし、「アダルト情報サイト」は、上位1~2位を独占している。また、「出会い系サイト」も上位7~10位の間に入っている=表1参照

(表1)小学生の男子・女子のネットトラブルの上位
(表1)小学生の男子・女子のネットトラブルの上位

   この内容を、小学生、中学生、高校生それぞれの男子・女子別に見ると、「アダルト情報サイト」はいずれも男子・女子を問わず、コンスタントに上位に入っている。

   たとえば、小学生の男女別を見ると、3年連続で男子・女子ともに1~2位に入っている=表2参照。これは、どういうことか。アダルトサイトを見ている小学生の女子がこれほど多くいるというのだろうか――。

(表2)小学生の男子・女子のネットトラブルの上位
(表2)小学生の男子・女子のネットトラブルの上位

   J-CASTニュース会社ウォッチ編集部の取材に応じた、調査を担当した国民生活センター相談情報部の井上竜一さんは「小学生ではありませんが」と断ったうえで、女子中学生の次の事例を紹介した。娘が誤ってアダルトサイトにアクセスし、請求された費用を親に無断で支払ってしまったという父親からの相談だ。

   ――中学生の娘がスマートフォンで芸能情報を閲覧中に「もっと見る」というボタンをタップしたところ、アダルトサイトにつながった。娘は驚いてサイトを閉じようと画面のどこかをタップすると、「登録完了」になってしまった。誤操作の人向けの案内からメールを送ったが、「退会には40万円必要」と返信が来た。娘はそんな額は支払えないと思い、メールに記載の電話番号に連絡をした。相手から氏名や住所を聞かれた。「2万円なら支払える」と伝えると、コンビニでプリペイド型電子マネーを購入してその番号を伝えるよう指示され、電話で番号を伝えた。支払った2万円は仕方がないが、個人情報が悪用されないか心配だ――

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中