2020年 4月 4日 (土)

米中貿易戦争めぐるトランプ発言で乱高下 國學大追う明大がプラス確保、慶大はやや後退(FX大学対抗戦)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2019年10月7日に1ドル=106 円台後半を付けていたドル円相場は、米ニューヨーク株式市場でダウ平均株価が一時プラスに転じたことで107 円台半ばまで上昇。ところが、翌8 日は米中貿易戦争をめぐってリスクオフムードが漂うと円買いが進み、106 円台後半までドルが下落した。

   米中通商交渉で、中国は米国と部分的な貿易合意に前向きな姿勢を示したものの、10日の米中次官級交渉では進展がなかった。ただ、トランプ米大統領の「中国との交渉はうまくいった」との発言で、8月1日以来となる1ドル=108円63銭の高値を付ける場面もあった。

   早稲田大学は、ドル高基調と読んだものの、「トランプ発言」に翻弄されて手が出ず。明治大学は、テクニカル分析でコツコツ利益を積み上げ。慶応義塾大学も果敢に挑んだが、わずかにへこんだ。予想以上に激しい相場に、一橋大学は様子見。國學院大学も取引を見送った。

  • 明治大学、がんばる!
    明治大学、がんばる!

またもトランプ相場に翻弄(早稲田大)

   10月11日(金)

   今週は全体的にドル高基調が高まってきた1週間だった。週半ばの8日には米中間の閣僚会議から、通商問題が解決へと進展するのではないかという市場の期待感からか、一時は1ドル=107.4円を抜け、急激にドルが上昇した。

   しかしその後、トランプ米大統領が中国大手監視カメラメーカーやその他ハイテク機器製造会社の製品を禁輸措置の対象とすることを発表するや否や市場には不穏な空気が流れ始めた。そして中国がいつものように報復措置の可能性に言及したことから、市場の刹那的な融和ムードは瞬く間に崩れ去り、ドルが売られ始めた。

   これによってドルは一時1ドル=106.8円まで割り込んだ。ただ、ここでドルの乱高下は終わらず、週終わりにトランプ大統領もう一つストーリーを描いてくれた。米中会議が直前に控えた10日にトランプ米大統領は「中国は素晴らしい国だ、きっと合意できる」などとコメントしたことから、市場はもう一度ドル高に転じた。

   協議後もトランプ米大統領は「うまくいった」と発言したが、市場にはまだ懐疑的な雰囲気が残っているのか、ドル買いにはつながらなかったようで、横バイの推移にとどまっているようだ。

   今年も、もう残すところに半月だが、この米中通商交渉が年内に決着することを祈りたい。さんざん振り回されたので、今週はトレードなし。総資産は変わらずだ。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
10月11日現在        5603円

プロフィール
早稲田大学 TK
現在、投資サークルForwardに所属。投資経験は大学に入って少しかじった程度。FX取引の経験はまったくなく、このFX大学対抗戦が初めて。「早稲田」の名に恥じぬよう、学びながら積極的に取引していきたい。将来は金融関係の職業に就きたいと、漠然と考えている。神奈川県出身。
明治大学 レン
経営学部2年。FX取引はデモで少しやった程度の初心者。趣味は麻雀。押し引きが投資に似ている気がする(笑)。学びながら他大学の様子も見つつ、うまくやっていきたい。東京出身。
慶應義塾大学 ミリオネア
法学部1年。FX取引も、株式も、高校卒業とほぼ同時に勉強を始めた初心者。好きな食べ物は小籠包。嫌いな食べ物は生タマネギ。将来は金融系の仕事に就きたいと思っている。今の目標は、このFX大学対抗戦で勝つこと! 1万3000円台まで儲けたい。
一橋大学 ハマチ
経済学部2年。趣味は、株式投資の銘柄探しとパソコンゲーム。週末は家でゆっくり過ごすのが定番。これまではファンダメンタル分析を軸にした株式投資に注力してきたが、FX投資は初挑戦。このコンテストの中で実力を磨き、トップを狙う。宮城県出身。
國學院大学 ネオニート
経済学部3年。埼玉県出身。趣味は散歩。昼は大学生、夜はキャバクラのボーイをしている。将来は、為替ディーラーになりたい。自分のトレードスタイルはデイトレードで、主に移動平均線によるテクニカル分析を用いている。取引する時間帯はロンドン時間からニューヨーク時間にかけて。重度のめんどくさがりだが、毎週更新、がんばります!
Twitterアカウント:https://twitter.com/tora__sub
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中