2021年 4月 15日 (木)

東京の感染者600人超でも「GoToトラベル続行」に変わりナシ 菅首相「勝負の3週間って何だったの?」と怒り殺到

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京都の新型コロナウイルスの新規感染者が2020年12月10日、ついに600人を超えて過去最多の602人となった。全国でも最多の2970人が感染、第3波に歯止めがかからない状態だ。

   政府対策分科会の尾身茂会長をはじめ医療関係者は「GoToトラベルの停止」を訴えるが、菅義偉首相は何の手も打たず、トラベル続行の構えを崩さない。ネット上では、「菅首相、勝負の3週間宣言は何だったのか!」と怒りの声があふれている。

  • 12月10日、新型コロナウイルスの新規感染者数が600人を超えた(写真は、東京都庁)
    12月10日、新型コロナウイルスの新規感染者数が600人を超えた(写真は、東京都庁)
  • 12月10日、新型コロナウイルスの新規感染者数が600人を超えた(写真は、東京都庁)

尾身茂会長「GoToトラベルは停止すべきだ」

危機感が感じられない小池百合子都知事
危機感が感じられない小池百合子都知事

   東京都は12月10日15時時点の速報値で、過去最多の602人が都内で新たに新型コロナに感染していることを確認したと発表した。年代別にみると、30代が最も多い137人、次いで20代が135人、40代が111人、50代が86人。重症化リスクが高い65歳以上の高齢者は77人だった。

   12月10日には千葉県でも過去最多の151人をはじめ、埼玉県(188人)、岐阜県(45人)、京都府(75人)、大分県(25人)、高知県(20人)、山形県(15人)、佐賀県(12人)で過去最多を更新している。

   東京都では10日午後、新型コロナの感染状況を分析・評価する「モニタリング会議」が開かれた。東京都で11月に確認された65歳以上の感染者は「第2波」の8月の2倍近くに増えており、専門家は、

「通常医療との両立が困難な状況となっている。医療提供体制がひっ迫しはじめている。高齢者への感染の機会をあらゆる場面で減らすことが重要だ」

と危機感をあらわにした。出席した東京都医師会の猪口正孝副会長は、

「完全まひに陥っているわけではないが、いかにここで食い止めるかだ」

と述べ、一層の警戒を促した。

   ただ、記者会見に応じた小池百合子都知事は、

「不要不急の外出の自粛と、小まめな手洗いなどの5つの『小』(こ)を徹底しましょう」

といつものセリフを繰り返しただけだった。

GoToトラベル停止を必死に訴える尾身茂分科会長
GoToトラベル停止を必死に訴える尾身茂分科会長

   一方、政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長は、再三再四にわたって「GoToトラベルの停止」を訴えている。12月9日の衆院厚生労働委員会の閉会中審査で、立憲民主党の山井和則議員が、

「東京は高齢者や基礎疾患の方だけ(の自粛)ではなく、少なくともGoToはいったんとめるということをすべきではないですか」

と質問すると、尾身会長はこう答えた。

「(東京などステージ3相当に該当する地域については)今の時期、感染の今、この状況を打開するためには、GoToを含めて人の動き、あるいは接触を控えるべき時期だと思っております。(また、政府がGoToトラベルを延長すると決めたことについて)GoToは自治体が控えるように呼び掛けている『不要不急の外出』に含まれます。新型コロナをしっかり抑えて下火にしてから国民の理解を得てやる方が経済的にも影響があると思います」

と指摘したのだった。

   ステージ3は、4段階中2番目に深刻な状況を指すもので、尾身会長はこれまでに東京23区や大阪市、札幌市、名古屋市などが相当するとの認識を示している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中