2022年 8月 18日 (木)

「今日、絶対にやるべきこと」決めていますか? 頭が整理され、生産性高まる「技術」とは【尾藤克之のオススメ】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   1日のスタートである「朝」という時間をどのように過ごすかで、その日がどうなるか決まります。人生とは、今日1日の積み重ね。つまり、朝との向き合い方で幸福度は変わるのです。みなさんは朝をどのように過ごしていますか?

「朝1分間、30の習慣。 ゆううつでムダな時間が減り、しあわせな時間が増えるコツ」(マツダミヒロ著)すばる舎
  • 朝時間を有効活用しよう!
    朝時間を有効活用しよう!
  • 朝時間を有効活用しよう!

あなたは手帳をどのように使っていますか?

   著者のマツダミヒロさんがハワイに拠点を移しているころ、アラモナショッピングセンターの雑貨屋であるノート(手帳)を目にしました。それは、一般的なスケジュール帳や日記帳とは異なり、「1日単位でその日のタスクを書き込む」というものだったそうです。

「それを見て『起きてすぐ、その日にやるべきことをこれに書いたら、頭のなかが整理されていいかも......』と思ったのです。購入し、さっそく試してみることにしました。次の日の朝、起きてすぐにそのノートを開き、ペンをとりました。すべて英語で書かれていたので、内容を正しく把握できていたかは不安ですが、次の項目は理解できました」(著者)
「『今日、絶対にやるべきこと』。この項目を埋めるため、自分に問いかけました。『今日、絶対にやるべきことって、何?』。そして、出てきた答えをノートに書き込みました。すると、当然ですが『今日、絶対にやるべきこと』に集中して取り組み、その日はそれが実現したのです」(同)

   著者は、頭のなかに浮遊していたさまざまなタスクが、自然と「やる」「やらない」に分かれ、やるべきことが明確になり、モチベーションが上がったと述べています。

「やるべきことだけに力を注げれば、集中力もあがり、1日の仕事の生産性がグンとアップすることを実感できました。数日後、『今日、絶対にやるべきこと』をノートに書くという行為が習慣化されると、朝への意識が変化していることに気づきました」(著者)
「それまでは『あっ寝坊しちゃった。早く仕事に行かなきゃ』『今日はあれをやってこれをやって......』など、ネガティブな思いで過ごしていましたが、このノートを書くことにより、『さあ、今日は何をしようかな』と前向きに朝を過ごすようになっていたのです」(同)

   さらに、「このノートに、こういう項目が書いてあったらいいなぁ」「こんなことを書き込めたら、さらに便利なのに」と思うようになり、「あったらいいな」と思う項目を追加していったそうです。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中