2022年 8月 18日 (木)

部下の大きなミスで会社に大損害!?...上司としてどう対処する?【上司力を鍛えるケーススタディ CASE 5】(前川孝雄)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「前川孝雄の『上司力(R)』トレーニング~ケーススタディで考える現場マネジメントのコツ」では、現場で起こるさまざまなケースを取り上げながら、「上司力を鍛える」テクニック、スキルについて解説していきます。

   今回の「CASE 5」では、「部下の大きなミスへの対処」ケースを取り上げます。

  • 部下の大きなミスへの対処法とは?
    部下の大きなミスへの対処法とは?
  • 部下の大きなミスへの対処法とは?

大変なことになってしまいました!

【A君】課長! 至急、ご相談があるのですが!
【上司(課長)】そんなに慌てて、一体どうした?
【A君】申し訳ありません! た、大変なことになってしまいました! 実は、先日B社さまに提出した見積書の数字を間違えてしまいまして...。
【上司】なんだ、それなら急いでお詫びをして、正しいものを再提出させて頂けばいいだろう?
【A君】それが、ご担当者に電話でお話ししたのですが、すでに社内の稟議が通ってしまったので、変更はできないと言われてしまいまして...。
【上司】そうなのか。どんな間違いなんだ?
【A君】それが...実際には100万円の見積もりを、桁を間違え10万円で提出してしまいまして...。
【上司】えっ! 一桁も違うのか!
【A君】た、大変申し分けありません!
【上司】うーん......。(まいったな~!)

   部下が、クライアントを相手に大きなミスをしてしまいました。金額を間違えた見積書を提出したところ、お相手は社内手続きを済ませてしまい、修正を認めてくれないとのこと。部下は途方にくれて、ただおろおろするばかりです。

   少額の誤差なら、当方が責任を取って間違った見積もり通りに進める判断もあるかもしれません。しかし、金額が大きいだけにそうはいかず、何とか状況を打開しなければなりません。 上司であるあなたは、どのように対処しますか?

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中