<PR>

3分でわかる!FXとは

「FXってよく耳にするけど、結局何なの?株なの?」
そんなビギナーもご安心を。3分でFXのことがわかる、超かんたん!FX解説。

FXとは、外国為替証拠金取引のこと。たとえば、米国のドル、欧州のユーロ、英国のポンドなど、外国の通貨を円換算で売買して、その差額で儲ける投資商品だ。

たとえば、1ドル=100円の時に買って、1ドル=101円の時に売れば、1円分の差額が利益となる。

FXの特徴1少額で取引できる

FXの特徴1:少額で取引できる

FXは、元手資金の最大25倍の金額まで取引できる。もし元手資金が10万円なら、10万円×25倍=250万円分、為替相場が1ドル=100円の場合、最大2万5000ドルを買ったり売ったりできる計算になる。
少額の資金を担保に多額の資金を借りることで、テコの原理のように、小さな力で大きな資金を動かすことができる。このような方法を「レバレッジ」と呼ぶ。FXは株より少額で取引できるため、20~30代の若手投資家も多い。

FXの特徴224時間いつでも取引できる

FXの特徴2:24時間いつでも取引できる

外国為替市場は、株式のように決まった取引所があるわけではなく、世界各地の銀行で取引されている。そのため、FXは365日24時間いつでも取引できる。日中忙しい人も、帰宅後ゆっくり取引できるため、ビジネスパーソンにとって最適な投資商品といえる。

FXの特徴3外貨預金の感覚で金利収入を得られる

FXの特徴3:外貨預金の感覚で金利収入を得られる

南アフリカ・ランドやトルコ・リラなど、高金利の通貨を買って、円など金利の低い通貨を売ると、その金利差(スワップポイント)を受け取れる。これは外貨預金と同じ仕組みだ。
高金利通貨を買いっぱなしにしておけば、利息のように毎日、金利差を受け取ることができるのもFXならではの楽しみだ。

FXの特徴4為替相場が下がった時も利益を狙える

FXの特徴4:為替相場が下がった時も利益を狙える

FXは「買い」からだけでなく、「売り」から取引することもできる。買いで取引する場合は、価格が安い時に買い、高くなったら売る。売りから取引する場合は、投資する通貨の価格が高い時に売って安く買い戻せば利益が出る。
たとえば、欧州でリーマン・ショック級の経済事件が発生、という時には、ユーロが下がるのを見越してユーロを売るなど、為替相場の下落も取引チャンスとなる。

話題のFXがどんな投資商品か、おわかりいただけただろうか。
さらに詳しいFXの魅力と、取引のリスクについては下記を見てほしい。

生活スタイルにあったFXトレードスタイルを見つける

それぞれの生活スタイルによって、適したFXへのアプローチ方法を見つけよう

デイトレ派

デイトレ派は一日の間に何度も数分、数時間といった短期で新規・決済取引をおこなうFX投資家をいいます。
デイトレ派

スイング派

スイング派は数日、数週間の間に新規・決済取引をおこない、比較的大きめの為替差益を狙いながら、じっくり取引するFX投資家をいいます。
スイング派

スワップ派

スワップ派は目先の値動きでバタバタ取引するより毎月の金利収益を期待するFX投資家をいいます。
スワップ派

オート注文派

オート注文派は予め自身で取引戦略を決めると、取引システムにまかせっきりにできる取引になります。
オート注文派
【注意事項】
FXは元本および利益が保証された取引ではありません。実際のお取引はすべて自己責任となります。各FX会社の口座申込をする場合は、事前に取引ルールを各社公式サイトでご確認のうえ、ご自身のご判断でお申込みください。当サイト内の情報はその内容の正確性を保障するものではありません。