<PR>

FXで資産運用を行うメリット

FX(外国為替証拠金取引)は、ドルと円や、ユーロと円など、異なる2つの通貨を売買することによって為替差益(利益)を目指す金融商品のこと。働く人々の資産運用にFXがうってつけのポイントが3点つある。

ポイント1無理なく副業ができる

ポイント1:無理のない副業ができる

FXは平日ほぼ24時間、いつでも取引ができる。日々多忙なビジネスパーソンでも、仕事が終わってから寝るまでの時間など、自分の生活サイクルに合わせて無理のない取引が可能だ。本業を終えた後、飲食店のアルバイトや工事現場で働く場合は、肉体的にも時間的にも大きな負担となるが、FXなら本業とも両立しやすい。

時間に縛られることなく、お金にお金を増やしてもらう、という感覚で副業ができるのがFXの最大のメリット。無理のない範囲での副業であれば、本業をおろそかにすることもないだろう。

ポイント2元手が少なくてすむ

ポイント2:手軽に続けられる

FXは少ない資金で、大きな取引を可能にする「レバレッジ」を利用するため、数千~数万円の少ない資金で取引を始めることができる。大きな元手を用意する必要はない。

さらに、パソコンやスマートフォンがあれば、いつでもどこでも取引ができるため、とても手軽だ。最近はスマートフォンアプリを提供しているFX会社も増えてきているため、スマートフォン1台で日本国内はもちろん、海外旅行中でも取引ができる。

FXではシストレやリピート系注文といった、自動売買ツールを用意している会社もある。自動売買は自分でトレードしなくても、システムが勝手に取引してくれるため、仕事中や寝ている間にも稼ぐチャンスがある。手間も時間もかからずに儲かる可能性があり、ビジネスパーソンでも手軽に資産運用を続けることができるのがFXの利点だろう。

ポイント3世界経済がわかる

ポイント3:世界経済がわかる

FXの値動きは、世界中のニュースや影響力のある人の発言、イベントが大きく関係している。ひとつのニュースで価格が乱高下することもしばしばだ。たとえば、2016年11月に実施された米大統領選では、米ドル/円が1日で4円も動いた。

FXをやっていると、グローバルな政治経済のニュースに敏感になる。話題も豊富になり、本業にも大いに活かすことができるだろう。

以上の3点は資産運用として、FXを選ぶ大きなメリットといえる。FXにはさまざまな投資スタイルがあり、忙しい人でも取引がしやすいようなサービスがある。あなたも自分に合った方法でFXを始めてみてはいかがだろうか。

生活スタイルにあったFXトレードスタイルを見つける

それぞれの生活スタイルによって、適したFXへのアプローチ方法を見つけよう

デイトレ派

デイトレ派は一日の間に何度も数分、数時間といった短期で新規・決済取引をおこなうFX投資家をいいます。
デイトレ派

スイング派

スイング派は数日、数週間の間に新規・決済取引をおこない、比較的大きめの為替差益を狙いながら、じっくり取引するFX投資家をいいます。
スイング派

スワップ派

スワップ派は目先の値動きでバタバタ取引するより毎月の金利収益を期待するFX投資家をいいます。
スワップ派

オート注文派

オート注文派は予め自身で取引戦略を決めると、取引システムにまかせっきりにできる取引になります。
オート注文派
【注意事項】
FXは元本および利益が保証された取引ではありません。実際のお取引はすべて自己責任となります。各FX会社の口座申込をする場合は、事前に取引ルールを各社公式サイトでご確認のうえ、ご自身のご判断でお申込みください。当サイト内の情報はその内容の正確性を保障するものではありません。