2018年 10月 16日 (火)

冨田「カメラ窃盗事件」

印刷

2014年9月に韓国・仁川で行われたアジア大会の会場で、韓国メディアのカメラを盗んだとして窃盗罪で略式起訴され、後に無実だと主張した競泳の冨田尚弥選手(25)に対し、仁川地裁は2015年5月28日、求刑通り罰金100万ウォン(約11万円)の有罪判決を言い渡した。冨田選手の言い分や防犯カメラ映像の内容など、これまでの経緯を振り返る。(画像はイメージ)

まとめ一覧に戻る
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中