冨田「カメラ窃盗事件」

印刷

2014年9月に韓国・仁川で行われたアジア大会の会場で、韓国メディアのカメラを盗んだとして窃盗罪で略式起訴され、後に無実だと主張した競泳の冨田尚弥選手(25)に対し、仁川地裁は2015年5月28日、求刑通り罰金100万ウォン(約11万円)の有罪判決を言い渡した。冨田選手の言い分や防犯カメラ映像の内容など、これまでの経緯を振り返る。(画像はイメージ)

まとめ一覧に戻る
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中