2019年 11月 15日 (金)

ジェンダー炎上のトリセツ 広告の女性像とネットの正義 一覧

広告で描く人物像をめぐり、企業や自治体が批判を集める「ジェンダー炎上」が相次いでいます。広告主は「ご不快な思いをさせた」と謝罪し、広告の取り下げや謝罪に追い込まれるケースが少なくありません。一方で、「一部の人が騒いでいるだけ」「表現の自由が狭められる」といった“批判の批判”も多いのが、ジェンダー炎上の特徴です。特集では、炎上した企業、読者、専門家、広告関係者とともに、「ご不快な思い」を多面的に掘り下げていきます。
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中