2019年 4月 19日 (金)

【NTTレゾナント株式会社】 「goo AI x DESIGN」が販促・マーケティング領域へ拡大~対話AIによる「攻め」のWeb接客を支援~

logo_AIxDESIGN
logo_AIxDESIGN
2019年4月16日

NTTレゾナント株式会社

「goo AI x DESIGN」が販促・マーケティング領域へ拡大
~対話AIによる「攻め」のWeb接客を支援~

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)は、「gooのAI(*1)」技術を活用したセミオーダーソリューション「goo AI x DESIGN(エーアイクロスデザイン)(*2)」において、本日より、新たに販促・マーケティング領域に向けて「対話AI型Web接客支援プラン」を提供開始します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904155450-O1-567m3sSS
1. 概要
 販促・マーケティング領域における「対話AI型Web接客支援プラン」では、企業とユーザー間の自然な関係構築を支援するAIチャットボットに、企業の商品情報や各種ログデータを組み合わせることで、AIの提案力が向上。さらに、パーソナライズ機能とあわせて、「攻め」のWeb接客の実現を目指します。さらに、会話記録からユーザー属性や嗜好などのデータを収集する、マーケティングツールとしても活用できます。
 これまでの「goo AI x DESIGN」は、自然な対話を得意とする「gooのAI」に企業が持つキャラクターやデータを組み合わせてきました。これにより、定型文の応答のみの無機質なAIではなく、ユーザーの文脈を理解した雑談や相談、提案などの柔軟な応答ができる、キャラクター性のあるAIとのコミュニケーションを可能にしています。その結果、TVドラマ連動型のAIチャットサービスや、旅行プロモーション用のAIチャットサービスなど、企業とユーザーの新しいつながり方を提供してきました。
 キャラクター性のあるAIは、ユーザーと企業、それぞれにメリットがあります。ユーザーには、「継続的な会話ができる」「安心して本音を伝えることができる」という新たなコミュニケーションの手段として、AIチャットボットが受け入れられつつあります。一方、企業にとっては、AIを介した継続的な雑談によるエンゲージメントの向上、蓄積した会話記録のマーケティング活用など、様々な効果が期待できます。
 この度、提供開始する「対話AI型Web接客支援プラン」は、企業の商品情報やアクセスログなどを用いることで、ユーザーへの商品提案や購入支援、マーケティング情報収集の役割を兼ねた「攻め」のAIチャットボットによるWeb接客を支援します。これにより、有人や定形文の会話のみのWebチャットよりも、付加価値の高い対話をAIチャットボットで実現します。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904155450-O2-01qcOiLq
図1 新プランイメージ

2.「 対話AI型Web接客支援プラン」
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904155450-O3-FwcRlgB0
図2 機能イメージ

(1) 活用するデータの種類を拡大
 「対話AI型Web接客支援プラン」では、これまで扱っていたQ&Aやシナリオなどのテキストデータに加えて、新たに企業が保有する商品情報や口コミ、アクセスログなど各種ログデータとの連携を強化。これにより、AIからの提案力が向上します。例えば、「おすすめの服」をAIに尋ねた際に、口コミやアクセスログなどを分析したAIは、よりユーザーからの人気が高い服を「おすすめ」として提案できるようになります。

(2) パーソナライズ機能
 「ユーザー属性情報」のほか、「時間」や「利用回数」、「場所」などの、ユーザーが許可した情報を加味したパーソナライズ機能をAIに追加。まるで現実の店舗にいるフレンドリーな販売員のように、何気ない会話からユーザーごとのニーズを察することができる、対話AIによる「攻め」のWeb接客を目指します。

(3) マーケティングに役立つ情報収集機能
 AIチャットボットによるユーザーとのコミュニケーションを通じて、企業はユーザー属性や嗜好などの様々なデータを得ることができます。「goo AI x DESIGN」のAIチャットボットは、単なる1問1答にとどまらず、ユーザーの応答を踏まえて質問を深掘りしたり、足りない情報を埋める質問を重ねることが可能です。さらにAIにキャラクター性を加えることで、ユーザーに親しまれやすい自然な会話から、マーケティングに役立つデータを収集、活用することができます。

【補足】
(*1)「gooのAI」は、ポータルサイト「goo」を通じて蓄積したインターネットに関わる技術やノウハウと、NTTグループのAI関連技術「corevo®※」(http://www.ntt.co.jp/corevo/)を活用し、NTTレゾナントが独自に開発した技術です。ディープラーニングを活用した会話の文脈理解や、長文での回答生成が可能なため、ユーザーとの自然で多様な対話を実現します。

(*2) 「goo AI x DESIGN(エーアイクロスデザイン)」 https://aixdesign.goo.ne.jp/
「goo AI x DESIGN」は、AIサービスの導入を支援するセミオーダーソリューションです。「gooのAI」エンジンを基に、企業が持つキャラクターやデータを組み合わせて、自然な対話によるコミュニケーションチャネルを創出します。

「goo AI x DESIGN」や「対話AI型Web接客支援プラン」については、下記よりお問い合わせください。
https://aixdesign.goo.ne.jp/contact.html

※「corevo®」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201904155450-O4-76BVV1sQ

以上

プレスリリース詳細へ

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中