数独物語
〔第1章〕数独のルーツ
― 中国の占いから生まれた数独の原型 ―

印刷

株式会社ニコリでパズル誌の発行に携わり、現在は一般社団法人日本数独協会の代表理事の後藤好文さん。数独を愛し、20年以上にわたりその魅力を世界に広め続ける後藤さんが、数独のはじまりから現在にいたるまでの数々の歴史を、ご自身の体験を交えて語ります。

はじめに

   クロスワード、ジグソーパズル、ルービックキューブ、そして数独。楽しいパズルは年齢、性別、言語、文化、宗教の違いなどものともせず、軽々と国境を越えどこまでも浸透していく。

   イギリスのパズル作家ヘンリー・アーネスト・デュートニーは「パズルを解くことは人間の根本的な性(さが)である。」と言っている。おそらくパズルを解く能力は長い進化の中で有利に働き、ホモ・サピエンスの遺伝子にしっかりと生き残ってきたと思われる。

   2005年、数独は突然、世界的な大ブームになる。私は期せずしてその渦中に立たされ、燎原の火のごとく数独が広がっていく様を唖然として眺めていた一人である。もしこれが病原菌だったら、世界の人口は半減していただろう。職場でも、居間でも、酒場でも、人々は集まると数独の話をし、世界中の新聞に数独が毎日掲載された。この年の9月、日本では衆議院議員総選挙が行われ、時の首相小泉純一郎は郵政民営化を前面に押し出し圧勝した。確か、ロンドンのThe Timesであったか、「小泉は数独のように勝利した」と見出しに書かれたのを覚えている。

   それから十数年が過ぎ、今も世界のほとんどの国で、数独の魅力にとりつかれ、日々解きまくっている人たちがいる。合計で間違いなく数千万人はいるだろう。あるいは電車を乗り過ごし、あるいは寝不足に悩まされ、それでもいつの間にかまたもう一問、彼らは没入していく。優れた発明の多くが、一人の天才のひらめきよりも、大勢の人たちの小さなアイデアとカイゼンの積み重ねで生まれるように、数独もいくつもの情熱と偶然でここまでの市民権を得てきた。それを「数独物語」と題してこれから書き始めていきたいと思う。



今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
1日1数独作ニコリ

ニコリ作の数独が毎日1問解けます。
朝の日課に、ランチのお供に。
※問題は20日間掲載されます。

すでに会員の方は
ログインしてプレイ
まだ会員でない方は
会員登録してプレイ
お知らせ
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?