「数独お父さん」が極める難問数独サイト【数独人に会うvol.2 前編】

印刷

   世の中の数独好きな方に話を聞き、数独力を養おうというこの企画。

   2回目は、今、ネット上で話題の難問数独の専門サイト「danboko.net」の運営者にお話を聞きます。前編はJ-CAST数独ポータル編集部がサイトを立ち上げたきっかけなどを伺い、後編は日本数独協会の佐貫理事がマニアックなプログラミングの世界について話を聞きました。

   難問数独の専門サイト「danboko.net」は、2017年5月にオープン。問題の難易度は中・上級者向けのレベル2~8と、上級者向けで最初の1文字もなかなかわからないレベル「?」と、最上級者向けのレベル9があり、毎日、新しい問題が公開されています。

難問数独の専門サイト「danboko.net」
難問数独の専門サイト「danboko.net

   難問数独サイトがネット上で話題になったきっかけは、サイト運営者の息子さんが「親父の作った数独サイト、誰かやってくれ」とツイッターでつぶやいたことからでした。

   このつぶやきは、2万件近くも「いいね」で拡散、それまでサイトには運営者とその家族しかアクセスしていなかったのが、今では1日平均2000人もの数独ファンが訪れるようになったのです。

   運営者の男性は本名非公開。ここでは仮に「数独お父さん」と呼ばせていただきます。

妻から渡された新聞の数独にはまった

   J-CAST そもそも、数独を始めたのはいつごろからでしょうか。

   数独お父さん 10年くらい前に妻から「面白いからやってみて」と新聞に載っていた数独を渡されたことがきっかけでした。ルールも妻に教えてもらいましたが、最初の1回ではまってしまいました。妻に感謝です。

   J-CAST ご自分で問題を作ろうと思ったきっかけは?

   数独お父さん 数独を解いていくうちに、既存の問題では満足できなくなってきたからです。もともと仕事でプログラミングの知識がありましたので、乱数と複雑な計算式を組み合わせれば良質な問題が作成できるだろうと確信めいたものを持っていました。

   J-CAST そして、息子さんの使っていた部屋をサーバールームにして、プログラミングを始められたのですね。

   数独お父さん そうなんです。最初は自分で楽しむために作っていたのですが、家族が「面白いよ」と言ってくれたことがきっかけで、それならば問題を公開してみようかと2016年から別サイトで試験的に運営していました。現在のサイトは、2017年5月に開設したものです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
1日1数独作ニコリ

ニコリ作の数独が毎日1問解けます。
朝の日課に、ランチのお供に。
※問題は20日間掲載されます。

すでに会員の方は
ログインしてプレイ
まだ会員でない方は
会員登録してプレイ
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」