世界数独選手権大会2019に出場する日本代表選手が決定!

画像はイメージ
画像はイメージ

   各国の数独&パズルファンが1年に一度、その腕を競い合う世界数独選手権(WSC)と世界パズル選手権(WPC)。今年は2019年9月29日~10月6日まで、ドイツ中南部にある町キルヒハイムで開かれます。

   世界大会に出場できるのは、国内予選で上位入賞した日本代表のみ。その日本代表メンバーが決定したと、5月20日に日本パズル連盟がホームページで発表しました。

   日本代表のメンバーは個人戦に出場するほか、4人1組のチームに分けられ、団体戦にも出場します。以前、数独ポータルでお話を伺った、WSC2018年チャンピオンの森西亨太さんも選ばれています。

●WSC2019日本代表
Aチーム
森西 亨太さん
條 秀彰さん
遠藤 憲さん
奥間 啓水さん
 
Bチーム
木村 友哉さん
有松 太郎さん
杉本 卓也さん
梶原 裕希さん

●WPC2019日本代表
Aチーム
遠藤 憲さん
森西 亨太さん
條 秀彰さん
川辺 優喜さん
 
Bチーム
木村 友哉さん
千葉 遼太郎さん
山本 和也さん
吉森 孝成さん

   WPC は1992年から、WSCは2006年から、イギリス、インド、中国、ブルガリアなど各地で開催されています。それぞれ世界30か国ほどから約200名が参加します。WSCでは通常の数独問題だけでなく、パズルの要素も含まれるユニークな問題も出題され、正確に早く解くことを競い合います。日本代表チームの活躍が楽しみですね。