「戦略を考えてトライしてみたら、うまくいった」 地道に練習を重ねた新チャンピオンに聞く【数独人に会うvol.5】

遠藤憲さん
遠藤憲さん

   世界中から集まった数独の強者たちが年に1度、その腕を競い合う「世界数独選手権(World Sudoku Championship)」。2019年大会はドイツで行われ、以前、数独ポータルでもお伝えしましたが、結果は個人・団体ともに日本が1位を獲得しました。

   19年大会の個人戦でチャンピオンの座を獲得したのは、東京都在住の会社員・遠藤憲さんです。遠藤さんは、WSC 7回目のチャレンジでの初優勝。また、同時期に開かれる「世界パズル選手権(World Puzzle Championship)」では、個人戦2位入賞というパズルの達人でもあります。過去にもWPCでは15年、17年と2度優勝していて、「数独よりもパズルが本職」と思われてきました。

   今回、J-CAST数独ポータル編集部は遠藤さんに、数独との出会いや優勝までの道のり、魅力までざっくばらんにお話を伺いました。

1年かけてじっくり練習したのは「基礎」

   J-CAST 優勝、おめでとうございます。ご感想をお聞かせください。

   遠藤 ありがとうございます。今回はあまりミスが少なく、やるべきことをやれたと思いました。これまで個人戦では上位入賞にも届かなかったのですが、2018年大会で、なんとなく「やればできそうだぞ......」という手ごたえがあった。それで戦略を考えてトライしてみたら、上手くいきすぎたって感じです(笑)。 個人戦はプレーオフがなかったので全ラウンドの合計点で順位が決定したのですが、「時の運」も大きい。というのも上位選手は誰が優勝してもおかしくないレベルで、ほんのちょっとのタイム差やミスが結果を左右するからです。

2019年大会の様子(提供:日本パズル連盟)
2019年大会の様子(提供:日本パズル連盟)

   J-CAST 出題された問題の難易度はどのくらいですか?

   遠藤 通常の数独のルールとは違う問題もありますが、一般的にみてハードレベルの問題が普通に出てきます。1日半くらいかけて100問近く解くので、正確性とスピード感が大切です。

   J-CAST かなり集中力がいりそうですね......。大会に向けてどんな特訓をしたのか教えてください。

   遠藤 1年間、「簡単な問題をミスしないでスムーズに解くこと」を考えながら練習しました。「ブロッケン」や「マスミー」と言われるような、いわば基礎的なテクニックを使って早く正確に解くことを心掛けました。どんなに難しい問題でも、解く過程でスーッと進む部分がある。そこで単純なミスをしたり、見逃していたりしてはどうしようもないですからね。選手仲間にもアドバイスをもらったりして、基礎力を養うことにしました。

   J-CAST どんな風に練習していますか?

   遠藤 練習するときは、もっぱら紙とペンです。世界大会も紙とペンなので、慣れておくためにもそのほうがいいと思っています。愛用しているのは、シャープペンシルのHBです。

   J-CAST 紙とペンさえあれば、どこでも練習できますものね。やっぱり毎日、何問も解いているんですか?

   遠藤 ふだんは仕事をしていますから、ずっとというわけにはいきませんが、仕事が終われば、数独に限らずパズル全般でほぼ毎日何かしらの問題は解いています。でも、大会に向けた練習となると、休日にまとまった時間をつくって自宅で集中して取り組むタイプ。そのときの気分で、音楽を聞きながら......なんてこともありますけどね。

遠藤さんは、WSC・WPCで日本の選手らが着たユニフォーム姿でインタビューに答えてくれた
遠藤さんは、WSC・WPCで日本の選手らが着たユニフォーム姿でインタビューに答えてくれた

   J-CAST 2019年大会で記憶に残っているエピソードを教えてください。

   遠藤 団体戦のプレーオフで、上位を競っていた中国チームに逆転した瞬間が印象深いです。1チーム4人制で、今回は4か国がプレーオフに臨みました。中国チームは私たちよりも先に解き終わったので最初は、負けたと思ったんです。諦めかけた時間もあっただけに、チームとして最高の結果を得られた喜びは格別でした。今回のプレーオフは、数独の盤面が9個並べられて、4人で解くというスタイルでした。個人の実力とミスをしないことに加え、スピードとチームのコミュニケーション力が問われます。事前にメンバーが集まって練習できない分、緊張しました。解く技術があるのは大前提ですが、最後は体力と精神力の勝負です。

個人戦1位のメダル
個人戦1位のメダル

   J-CAST ものすごいプレッシャーにもめげず、結果を出した皆さんはすごいです! 遠藤さんは、数独の大会のあとにパズルの大会も控えていましたよね。2位という好成績でしたが、緊張が続く中、どんな気持ちで大会に挑んだのでしょう。

   遠藤 そうですね。WSCとWPCの間に1日休みがあって気持ちの切り替えにもなるんですが、疲れていたしWPCは3日間もあるので、現地ではあんまり個人優勝した気分に浸る余裕もなく、ましてや観光気分にもなれなかったですね(笑)。とにかく大会に集中することだけを考えていました。WPCでも個人優勝を果たしたかったですが、来年またチャレンジします。

   J-CAST 遠藤さんの中では、数独とパズルのすみ分けというか、こっちのほうが好きというのはありますか?

   遠藤 自分の中では、パズルの中にひとつのジャンルとして数独があるという感覚です。だからどっちが......とは思いません。ただ、問題のタイプという意味では、たくさん解いていると、自分が得意なものや不得意なものは分かってきます。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
1日1数独作ニコリ

ニコリ作の数独が毎日1問解けます。
朝の日課に、ランチのお供に。
※問題は20日間掲載されます。

すでに会員の方は
ログインしてプレイ
まだ会員でない方は
会員登録してプレイ
お知らせ