2018年 7月 17日 (火)

西鉄、ハイブリッドバス2台を福岡市内に導入

印刷
福岡市内に登場予定のハイブリッドバス(外観イメージ)
福岡市内に登場予定のハイブリッドバス(外観イメージ)

   西日本鉄道(福岡市)は2009年2月20日から、動力源としてディーゼルエンジンとモーターの両方を搭載した「ハイブリッドバス」(日野自動車製)2台を福岡市内に投入する。従来車種よりも燃費が改善するほか、排ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)や粒子状物質を、政府の基準値よりも10%減らすことができる。車両価格は1台3000万円。西鉄以外では、名鉄バス(名古屋市)などがハイブリッドバスを運行している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中