2020年 2月 21日 (金)

「いじめ問題」リアルなギャルの声 学校に突きつけたい「注文」とは

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   連日連夜、ニュース番組やニュースサイトなどで報道されている、大津市立中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したとされる問題。

   警察が学校や教育委員会を家宅捜索するといった異例の展開となり、日を追うごとに大きな問題に発展しています。

   そこで、今回は、この問題をどう受け止め、どう感じているのか……

   ギャル達のリアルな声を聞いてみました。

「学校も教育委員会も信じられなくなった」

いじめにNO!
いじめにNO!

   色々な意見が飛び交っていますが、ギャル達の素直な生の声だと思い、読んで頂ければ幸いです。

   まず、GRPにてこの問題をどう思うか調査したところ、

『本当に酷いと思った。いじめは最低。一人に対して卑怯』
『最低だと思った。自殺の練習をさせるとか頭おかしい』
『最低最悪。命を甘く見ている』

といった意見が寄せられ、陰湿ないじめが原因と見られるこの問題をギャル達も真剣に受け止め、憤りを隠せない様子です。

   しかし、調査を続けると、「いじめた」とされる加害者側のことを問題視しているだけではなく、学校・教育委員会に対し、更に身を震わせるような感情を抱いていることが分かりました。

『学校も教育委員会もいい加減過ぎる。 仮にも人の上に立つ人達の言動ではないと思う』
『学校側の対応は適切じゃない。大事にならないように、なるべく穏便に済ませようと守っている。ってか、その行為が大事に至らせた』
『絶対学校はいじめを知っていたんじゃない?というか。先生がちゃんと把握しなければいけないと思う』
『大人が証拠隠しとか最低。そういう人に教育に関わって欲しくない。学校も教育委員会も信じられなくなった』
『いじめに気付いても手を差し伸べる教師なんていないと思う…ドラマや漫画の中だけ。いじめていた生徒にはもちろん罰を与えるべきだけど、教師も学校も何かしらの罰を受けるべきだと思う』

   このように、学校や教育委員会に対し、とても沸き立つ怒りを覚えているようです。

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!