2019年 8月 18日 (日)

竹島、尖閣諸島はなぜ揉めるのか もっと知りたい国境問題

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   領土、領海問題は厄介だ。ナショナリズムだけで物事は解決しないが、竹島や尖閣諸島、北方領土に対する日本の対処の仕方は、今のままでいいのだろうか。国境問題を考える手引きを紹介したい。J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」 (https://www.j-cast.com/bookwatch/)でも特集記事を公開中。

竹島の棚上げはかった「先人の知恵」

『竹島密約』
『竹島密約』
『竹島密約』

   「解決せざるをもって、解決したとみなす」。竹島問題をめぐり日本と韓国との間で、こんな密約が交わされていた。日韓国交正常化のために、領土紛争を棚上げするというもので、日韓基本条約が結ばれる5か月前、1965年1月のことだ。草思社からの『竹島密約』(著・ロー・ダニエル、1785円)は、日韓の歴代政権がどのようにこの密約交渉を進めたのか、文献と関係者へのインタビューを通してその全貌を明らかにした力作だ。

   密約から半世紀近く、今回の李明博大統領の竹島上陸により、「解決せざる問題」は、やはり解決していなかったことが改めて明らかになった。ソウルに生まれ、日米の大学で学んだ経験のある著者は「先人の『知恵』をいかにして受け継ぐか」と問いかける。竹島問題の政治的背景を知る上で貴重な1冊だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中