2019年 9月 19日 (木)

韓国人はなぜ体がぶつかっても謝らないのか 今知りたい韓国の常識・歴史・ナショナリズム

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   隣国との外交は難しい。まして支配・被支配の歴史があったりすればなおのことだ。戦後67年、お隣の韓国との間にいまだに紛争、紛糾が絶えない。未来志向の相互理解は可能なのか。J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」http//:www.j-cast.com/bookwatch/でも特集記事を公開中。

朝鮮の古代から現代までの通史

『朝鮮史』
『朝鮮史』

『朝鮮史』

   この夏、韓国の李明博大統領が突然、竹島に上陸し日韓関係は急激に冷え込んだ。韓流ブームで文化交流が深まってきたとはいえ、まだまだ危うい関係の上に成り立っているのが実情だ。それでも、アジアの安定のために互いに重要なパートナーであることには変わりない。双方が理解を深め、友好的な協力関係を推し進めていくためには、まずは相手国の歴史を知ることが大切な一歩だろう。

   山川出版社の『朝鮮史』(編・武田幸男、3675円)は、朝鮮の古代から現代までを中国、日本との関係を含んだ国際的視野に立ち、また朝鮮文化にも触れながら、分かり易く記した通史だ。歴史書や歴史教科書で定評のある山川出版社が自信を持っておくり出す「新版 世界各国史」の1冊。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中