2019年 11月 20日 (水)

顔がよくても願い下げ! ギャルがゲンナリした「性格ブサメン」行動

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   恋愛においてイケメンであれば、恋愛対象者へと格上げとなりますが、中身が伴っていない場合には、敗者へと格下げとなります。

   そこで、今回のギャルウォッチでは、ルックスはイケメンでも、性格はブサメンだった男性の行動について調べてみました。

   イケメン男性陣のみなさま、ギャル達はこんな「性格ブサメン行動」にゲンナリしているようです。

どんなにイケメンでもこんな男子はイヤ!
どんなにイケメンでもこんな男子はイヤ!

会話が常に「俺」トーク

【その1:馴れ馴れしく「オマエ」呼び】

「仲良くなってきたら、いきなり「オマエさ~」とか言われて引いた」
「どんなイケメンでも「オマエ」って呼ばれるだけで冷めます」

   数年前までのギャル界では、オラオラ系男子が人気でしたが、ここ最近は一緒に恋愛を楽しめる成長系男子が人気を集めています。だからこそ、見下しているように感じる「オマエ」呼びにはゲンナリモード。相手がどう呼んでほしいか、最初に聞いておくのがベストですね。

【その2:釣ったらゲーム終了】

「最初はマメだったのに、付き合ったら1週間に1回の連絡になった」
「付き合った当初はお姫様扱いだったのに、今はとりあえず扱いがザツ!」

   真剣にアプローチしてくる男性であっても、付き合った途端に「ゲーム終了」と釣った魚に餌をやらないメンズも...。見た目は派手でも「最初から最後まで大切にされたい」と思うのがギャル心。男性陣は、釣ってからも餌をやり続けるようお願いします。

【その3:成立しない会話のキャッチボール】

「めっちゃイケメンなのに、会話のキャッチボール出来ない人だった」
「チヤホヤされてきたのか、会話が常に「俺」トーク。ずっと聞き役で疲れた」

   どんなイケメンであっても、自分のことばかり話す男性や、話を聞かない男性はまさに性格ブサメンそのもの!一方的にボール投げるのではなく、女性側の話を聞いたり、質問をしたりと、キャッチボールをすることを心掛けてこそ、真のイケメンなのです!

【grp】 grpとは「ガールズ・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!