2019年 11月 20日 (水)

やってた~! アラサーギャルに聞いた「ガラケーあるある」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   最近、見ることが少なくなってきた、ガラケー。筆者は、現在もスマホと一緒にガラケーを愛用していますが、周りからは「まだガラケー使ってるの!」と驚かれることもしばしば......。

   しかし、ガラケーにはガラケーの良さが山ほどあるのです!

   そこで、今回は懐かしさに浸ろう!と題し、アラサーギャル達に聞いた「ガラケーあるある」を聞いてみました。

   ガラケー経験者のみなさん!! 今ではスマホ中毒でも、あの時にはこういった行動をしていたでしょ!?

trend_20171012173316.jpg

   

あのアンテナへのこだわりは何だったの?

   【ガラケーあるあるその1:アンテナはとにかく長く!!】

   私が高校生だった約17年前には、ガラケーのアンテナはとにかく長ければ長いほどイケていたぐらいロングアンテナ全盛期。市販の物から、3000円~5000円で売っていた長いアンテナに自身でカスタムするのが大ブームだったのです。長くしたからと言って電波を多く拾える訳ではないのですが、あれが長ければ長いほど威張れたのは間違いないでしょう!

   【ガラケーあるあるその2:ロングアンテナの次は光るアンテナ!】

   ロングアンテナが大ブームとなった後に登場したのが、光るアンテナです。電話やメールがくると、アンテナが鮮やかに光るのが最高にイケていたのです!さらに電話が鳴ると、アンテナを口で引っ張って長くすることもガラケー時代にしていた鉄板行動ではないでしょうか?アンテナを噛みすぎて、アンテナに歯型が付いていた人も多かったはず。

   【ガラケーあるあるその3:絶対譲れない「N」!】

   どんな携帯を使っているかが重要だった当時に、爆発的ブームとなったのが「N」です。N501iから始まり、N502i、N503iと「Nシリーズ」にゾッコンだった人も多いでしょう。そして、携帯電話のキャリアは絶対に「DoCoMo」。「DoCoMoじゃないと恥ずかしい」と思われるほど、当時は契約するキャリアも自身のブランディングには必要不可欠でした。

   【ガラケーあるあるその4:ひたすら「センター問い合わせ」】

   地下などの電波がないところでメールを受信すると、センターでメールが止まってしまっていたのもガラケーあるあるでしょう。だからこそ、何かあればすぐ自身で「センター問い合わせ」ボタンを押して、メールが来ていないかを確認したものです。そしてセンターへ問い合わせした時に、メールがなかった時の悲しさ・落胆っぷりも当時ならではですね(笑)。

【grp】 grpとは「ガールズ・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!