2019年 12月 6日 (金)

GOSPELS OF JUDAS
氷室京介との出会いの衝撃

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   今週もデビューアルバムの話を続けようと思う。

   何がデビューのきっかけになったのかには様々なケースがある。

   たとえばオーディションに合格した、コンテストで優勝した、あるいは、ライブハウスで歌っているところを見出された、などである。どういう形であれ、それはいくつもの偶然や思いがけない出会いがあってこそ生まれてくる。

「氷室さんに会った時に、何かがガラッと変わると思いましたね。自分という人間のどこかが別のものになってしまったような感じがした。それまでと全く変わってしまうと思える衝撃がありました」

    2018年7月18日、デビューアルバム「IF」を発売したGOSPELS OF JUDASのヴォーカル、作曲、演奏を手掛けるYTはデビューのきっかけとなった出会いをそう言った。

デビューアルバム「IF」(ワーナーミュージック・ジャパン提供)
デビューアルバム「IF」(ワーナーミュージック・ジャパン提供)

普段は湯豆腐みたいにおとなしい

   GOSPELS OF JUDASは、氷室京介が親交の深いクリエーター達と「デジタルなツールを使って自由に面白いことをやりたい」と2012年に発足したプロジェクト「DiGiTRONiX」から生まれたユニットである。

   中心となっているのが、氷室の2010年のアルバム「"B"ORDERLESS」に参加したロス在住のギタリスト、YTことYukihide Takiyamaだ。奔放で過激、それでいて緻密さやメロディアスな情感も備えた演奏は、氷室京介のライブに欠かせない存在となった。2016年のドームツアー「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」での熱演は記憶に新しい。B`zの去年発売になったアルバム「DINOSAUR」のアレンジも担当している。

   氷室はステージで彼のことを「ボストンのバークリー音楽大学出身、普段は湯豆腐みたいにおとなしいけど、ギターを持つと狂気になる」と紹介していた。

   バークリー音楽大学は、日本からも渡辺貞夫や佐藤允彦、小曽根真らジャズミュージシャンが卒業したことでも知られている世界的名門である。

   YTは「アレンジの勉強がしたかったんですね」とこう言った。

「中学一年の時までヴァイオリンを弾いてました。3歳の時に『題名のない音楽会』を見ていて『これがやりたい』と言ったらしくて親が買ってくれて。ロックは周りに普通にありましたから。高校の時にギターを始めて、文化祭はBOO/WYの曲をやるいくつものバンドを掛け持ち(笑)。バンドは組みたいと思ってたんで、アレンジの勉強をしたくてバークリーに行ったんですね」

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!