2020年 2月 24日 (月)

このメールに思わず「ドキリ」 「オジサンになりきろう講座」見て震える男たち

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!
「ももちゃん。お早う。今日もお仕事頑張ってね!そういえば、昨日は例のバーに行ってきたよ。結構いい雰囲気だったから、おススメだよ!今日もクタクタだけど仕事に行ってきます」

   「聞かれてないけど自分のことを言う」―――。このような文面に見覚えはないだろうか。これは、オジサンがLINEやツイッターで送ってくる文面を再現しようとするイラスト「オジサンになりきろう講座」に掲載されている一文だ。イラストを見たユーザーからは「そのまんまオレやん」「わらえねー」との声が相次いでいる。J-CASTトレンドは2018年8月2日、投稿者のすれみさん(@_Smitter2)に取材した。

  • 思わず共感する?オジサンの文面あるある(すれみさん[@_Smitter2]のツイッターより)
    思わず共感する?オジサンの文面あるある(すれみさん[@_Smitter2]のツイッターより)
  • オジサンの文面を分類(すれみさん[@_Smitter2]のツイッターより)
    オジサンの文面を分類(すれみさん[@_Smitter2]のツイッターより)
  • どこか見覚えのある文面ができあがる(すれみさん[@_Smitter2]のツイッターより)
    どこか見覚えのある文面ができあがる(すれみさん[@_Smitter2]のツイッターより)

イラスト化したのは「何となく愛おしく思えたので」

   「オジサンになりきろう講座」は、「返信がなくてもメッセージを送る」「やたらご飯に誘う」「聞かれてないけど自分のことを言う」といったオジサンの傾向を分析し、「絵文字乱用オジサン」、短文をやたらと区切る「句読点オジサン」といったタイプ別に分類、実際に自分で作ってみようというものだ。

   投稿者のすれみさんは20代のイラストレーター。「オジサンになりきろう講座」を投稿したのは17年4月だが、18年7月28日にあるユーザーがリツイートしたことをきっかけに、再び話題となった。

   すれみさんに聞くと、これを描いたのは、「友人がオジサンの真似をした文章を送ってきた」ことがきっかけだという。その後、実際にオジサンのLINEやツイッターでの文面を見ていたら何となく愛おしく思えたのでイラストにまとめたとのことだ。

   すれみさんは、このような文章を送ってくるオジサンに対して、今も「愛おしいです」としてこう続けた。

「独特な絵文字の使い方や、文章のこなれ感(を出している風な文面)がすごくいいなと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!