2019年 11月 19日 (火)

21世紀に誕生「なごみ系」弦楽合奏曲 ポール・カー「とても英国的な音楽」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2019年は英国にとって、いよいよ「ブレグジット」の年となります。2年前に国民投票によって欧州連合(EU)からの離脱を決議した英国は、いよいよそれを実行に移さなければなりません。本稿を書いている時点では、まだEUとの離脱合意がなされておらず、離脱に伴い、突如物や人の交流が激しく滞る・・という事態になりかねず、経済が大混乱しないか、ということを当の英国だけでなく、世界中が注目しています。民意とはいえ、EUから離脱するという大変なことを実行してしまおうとしている、ということにおののき、やめればよかった・・という後悔とともに、「ブレグリット」という言葉も生まれています。

   日本と似た島国ゆえ、大陸とは少し距離を置き独特の文化を保持する、という英国的マインドは、日本人にも理解しやすいかもしれません。

  • コーンウォールの風景
    コーンウォールの風景
  • 白い断崖が印象的なクックメア・ヘイヴンの海岸
    白い断崖が印象的なクックメア・ヘイヴンの海岸

2002年のクリスマスから新年までの数日で書き上げた

   今日は、先週に引き続いて英国の音楽、それも21世紀に入ってから書かれており、とても英国的な曲をご紹介しましょう。曲のタイトルはその名も「A very English Music 」。訳すと、「とても英国的な音楽」となります。3つの曲からなる合計8分程度の短い弦楽合奏曲で、作曲したのは、ポール・カーという作曲家です。

   1961年、イングランド南部、コーンウォールに生まれたカーは、ロンドンの名門ギルドホール音楽演劇学校で声楽やオペラマネージメントを学んだあと、本格的に作曲の道に進みます。クラシック曲としては、幅広い楽器のための協奏曲や、合唱や独唱の活躍する宗教曲をたくさん書いていますが、同時に、英国映画や、グラナダ・テレビのシリーズのための音楽なども手掛けています。

   そんな彼が、英国伝統の弦楽合奏の編成で、「とても英国的な音楽」を書こうと思ったのは、いくつかのきっかけがあったようです。本人の回想によると、3曲はすべて、2002年のクリスマスから新年までの数日間で書き上げられたとのこと。1曲目のタイトルは「クックメア・ヘイヴン」。白い断崖が印象的なイースト・サセックスの海岸の風景をモチーフにしています。2曲目はその名も「コーニッシュ・エア」・・彼が故郷コーンウォール地方に寄せるノスタルジーが詰まった、ゆったりとした印象的な曲です。最後の3曲目は、「狩猟採集社会」と名付けられ、英国で最も古い村の一つであるレイコックの12月26日のボクシング・デイ(クリスマスプレゼントのボックスを開けるところから名づけられています。スポーツのボクシングとは関係ありません)の活気ある様子が描かれています。

   カーにとって「とても英国的」と感じる情景を、いわばエッセイのように切り取った曲ですが、弦楽の響きがとても心地よい、21世紀の新しい、なごみ系英国音楽です。

   クラシック音楽の分野ではあまり注目の当たりにくい英国ですが、実は、この曲のような佳作がたくさん存在します。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でフプルミエ・プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!