2019年 7月 24日 (水)

頻繁に旅したアフリカの地を曲に サン=サーンス「アルジェリア組曲」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   意外と知られていないことですが、2019年の今、アフリカ大陸で一番大きい国はどこでしょう?

   2011年にスーダンと南スーダンが分離したので、正解は地中海に面した北アフリカのアルジェリアです。現在は大統領を4期務めたブーテフリカ氏が5期目を狙う、ということで反対デモが起こったりしていることが国際ニュースで配信されていますが、国土の大部分が砂漠とはいえ、存在感のある、アフリカの大国なのです。

  • 当時のアルジェリアの風景
    当時のアルジェリアの風景
  • アルジェリアにおけるフランス語教育の場面
    アルジェリアにおけるフランス語教育の場面

19世紀前半から1962年までフランスの支配下に

   アルジェリアは、オスマン・トルコが力を失ってきた19世紀前半から1962年までフランスの支配下にあったので、現在の公式な言語はアルジェリア方言アラビア語とベルベル民族語であるベルベル語ですが、フランス語を話す人も多く、事実上の公用語の一つとなっています。たくさんの民族がそれぞれの言語を持ち、すべての民族と会話するのは結局英語となっている、元英領のインドと似たような状況です。アルジェリアの独立を弾圧した「アルジェリア戦争」は、本国の政権をも揺るがしたフランス近代史の中の大きな汚点ですが、その支配のもと、交通・工業・観光とも大いに発展した側面もあります。逆に、第二次世界大戦中は、本国をドイツに占領され、亡命フランス政府の再起の拠点ともなりました。

   そんな激動の近代史以前、フランス領のアルジェリアに頻繁に足を運んだフランスの作曲家がいました。フランスがアルジェリアに侵攻した5年後、1835年生まれのカミーユ・サン=サーンスです。今日は、彼の「アルジェリア組曲」をとりあげましょう。

   早くから音楽の才能を表し、神童ともてはやされたサン=サーンスは、長じてから、旅を多くするようになりました。体があまり頑健でなく、転地療養を医者から進められていたことと、自作が守旧的だと批判されたり、自らも毒舌の音楽批評家だったため、敵が多く、パリの音楽界においていろいろと心労がつのったからでもあります。遠く、アジア地域のベトナムにまで足を延ばしていますが、特に彼が頻繁に通ったのは、当時フランス領だったアルジェリアでした。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中