2019年 7月 22日 (月)

なつかしいガラケーあるある 
ギャルたちの思い出

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   現代のコミュニケーションツールとして、すっかり普及しているスマホ。

   友人や恋人・営業先との連絡ツールとしてはもちろん、ネット上での買い物や定期代わりに使用する人も多いのではないでしょうか。

   しかし、90年代~2000年前半では、「ガラケー」がマストアイテムでしたよね。

   そこで今回は、昔懐かしい"ガラケーあるある"をピックアップ!

   思い出のガラケー時代を振り返ってみましょう。

  • 「ガラケー」もいろんな種類があった
    「ガラケー」もいろんな種類があった

地下に入って「バリ3!」

   【ガラケーあるあるその1:パカパカ】

   「パカパカ」と言えば、通じるであろう「二つ折り携帯」。私達が高校生だった時には、全員が「パカパカ」を持っていると言っていいほど、大人気の機種にまでなりました。また、その「パカパカ」にプリクラを貼ったり、ネイルで色を塗ったりするなど、自分達でアレンジを楽しむ女子高生がも多かったのも懐かしいですね。

   【ガラケーあるあるその2:バリ3】

   当時は、地下に入ったりすると直ぐ圏外になることもしばしば...。「電波ある?」といった会話をすることも多々あったこともあり、そういった会話の時にはよく「バリ3!」と言ったものです。また、常に電波がほしい高校生の中には「バリ3になるシール」といったものを付けていた子もいたほど...。

   【ガラケーあるあるその3:センター問い合わせ】

   電波が少しでも届いていないと、メールが自分達の携帯には入って来ず、センター(サーバー)で止まってしまっていたこともありましたよね。また、恋人などからメールが入ってこないとセンターで止まっているのかも!と思い、何度もセンターに問い合わせボタンを押した人も多かったのでは?

   【ガラケーあるあるその4:チェーンメール】

   今ではLINEで連絡を取るのが主流ですが、当時はメールがコミュニケーションの1つになっていました。そんな中、「このメールを10人に回すと幸せになります!」や「このメールを5人に回さないとあなたは不幸になります」といったチェーンメールが頻繁に回ってきたのも懐かしいですよね。仲良しの友人に送った人も多かったのでは?

【grp】 grpとは「ガールズ・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中