2019年 12月 7日 (土)

フランツ・リスト70歳で作った曲 時代を先取りしていた「暗い雲」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   クラシック音楽におけるロマン派の時代は、1810年ごろに生まれた作曲家たちによって、発展し、19世紀を彩り、音楽そのものの流れを決めたといってもいいでしょう。

   先週登場した1809年生まれのメンデルスゾーン、1810年生まれのショパンとシューマン、1811年生まれのリスト、誰もが知るロマン派の作曲家たちがこの3年にかたまって誕生している、というのは音楽史にとってちょっとした奇跡です。

   しかし、誕生年は近いですが、亡くなった年は1人だけが大きく違います。メンデルスゾーンは38歳、ショパンは39歳、シューマンは46歳でなくなっていて、いずれも短い生涯でしたが、今日の主人公、フランツ・リストは、当時としてはかなり長命の74歳の天寿を全うし、1886年7月31日に亡くなっています。少し乱暴なことを言えば、前の3人は「19世紀前半の人達」だったのに対し、リストは、19世紀全体を生き抜き、そして、たくさんの影響を音楽に与えたのです。

   今日は、そんなリストの晩年の作品、ピアノ曲「暗い雲」S.199を取り上げましょう。1881年、リストが70歳の時の作品です。

  • 晩年のリストの肖像。哲学者のような風貌だ
    晩年のリストの肖像。哲学者のような風貌だ
  • 晩年のリストの肖像。哲学者のような風貌だ
    晩年のリストの肖像。哲学者のような風貌だ

ワーグナーもリストからアイデア拝借

   ロマン派の華やかな人たちと同時代に生まれたので、リストは、その生涯の前半にばかりスポットライトがあたっています。すなわち、実際はドイツ語圏の出身だったにもかかわらず「ハンガリー出身」というエキゾチックさを前面に打ち出し、その美貌とピアノのスーパーテクニックでパリの社交界などで活躍して、女性遍歴もなかなか華やか・・・もちろん、これらのイメージもリストの「ある1面」ではありますが、彼の生涯の全体から見たら、ごく一部分なのです。

   リストはまず、ピアニストとして活躍しましたが、作曲家としても幅広い、ショパンのようにピアノ作品にだけ偏った作曲家ではなく、交響曲に代わって「交響詩」というジャンルを開拓した人でしたし、指揮者としても、教育者としても、批評家としても活躍した人でした。しかも、彼は各方面で後世にかなりの影響を与えました。すなわち、ピアニストとしては、卓越したピアノの技術を弟子たちに時には無償で伝え、作曲家として彼が打ち出した数々の新機軸は、フォロワーたちによって受け継がれたのです。リストの娘コジマの夫となり、19世紀後半の欧州の音楽シーンを席巻したといってよいワーグナーも、実は、リストから拝借したアイデアが数々あります。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!