2020年 2月 21日 (金)

まずは鬼ごっこ 西村則康さんが受験家族に説く、算数好きになる魔法

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プレジデントファミリー冬号の特集「算数が大好きになる魔法のレッスン12」で、プロ家庭教師の西村則康さんが「好きになるには遊びなさい」と呼びかけている。

   小学生を持つ親に向けて、勉強法や子育てのハウツーを授ける季刊誌。特集は前の秋号が「東大生184人『頭のいい子』の育て方」、夏号が「わが子を慶應に入れる」...こう並べれば、中学受験を念頭に置いた編集方針や購読層が浮かんでくる。

   算数特集は、嫌いな子が少なくない科目への親しみ(親しませ)方を網羅したもので、西村さんの短文は子どもに宛てた「きみへの手紙」三通のひとつとして掲載されている。

「算数は決まった解き方を覚える勉強、なんて思っていませんか? 公式を覚えたり、〇〇算の解法を覚えたり...。そんなことないんですよ。筋道が通っていれば、自分なりの方法でOK。どんな解き方をしたっていいんです。むしろ、そのほうがすごいことなんだよ」

   冒頭から口語体、家庭教師の口調である。さらに「自分なりの方法でOK」に戸惑う子どもたちを想定し、こうつなぐ。「きっとそれは、『遊び』が足りないんじゃないかな」

   発見を伴う遊びのことだろう。例示されたのは、トイレットペーパーの芯を開くと平行四辺形になる話と、鬼ごっこをすれば「速さ、時間、距離」の関係を体感できることだ。

「(鬼ごっこで)追いついたとか、途中ではちあわせしたといった経験があれば...旅人算の問題文を読んだとき、一発でその状況をイメージできるよ」
  • 算数が好きになりたいって思っていたら…
    算数が好きになりたいって思っていたら…

ニンジンで開成合格

   筆者はさりげなく、受験のプロとしての「成功体験」にも触れる。教え子に、立体図形の切断問題が苦手な男の子がいた。八百屋の息子だったので、西村さんは「毎日、家でダイコンを切って、いろんな立体を作ってみたら」とアドバイスする。

「その時期、ダイコンよりもニンジンのほうが安かったそうで、そのお宅では1か月、毎日いろんな形のニンジン料理が続いたそうですが、でもそのかいあって苦手を克服し、見事開成中学に合格しました。体験するって、本当にすごいことです」

   開成といえば、受験界では超のつくブランドである。読者は、親子ともども、ここで居住まいを正すかもしれない。ニンジンの説得力、絶大である。

   折り紙、絵、ピアノ、水泳にサッカー、虫捕り...何でもいい。算数のヒントは教室の外のあちこちに転がっている。体で覚えたものは忘れにくい、というわけだ。

「体を動かすこと、体験することが『身体感覚』に結びついて算数の基礎体力になるんです。算数が好きになりたいって思っていたら、まずはたくさん遊びなさい、いたずらもいっぱいしなさい」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!