2020年 9月 28日 (月)

岩手県出身者「初のコロナ感染」に何思う 「お盆は帰省しない」も「正直ほっと」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   全国で唯一新型コロナウイルス感染確認ゼロだった岩手県で2020年7月29日、初の感染者が報告された。

   8月のお盆が近づいてきた時期だったことから、ツイッターには「岩手県民の本音は、『これで最初の汚名を着ることは無くなった!安心したあ、息子娘よ帰省OKだぞ』なのかなあ」、「岩手に帰省しやすくなるね」という書き込みが見られる。岩手出身者たちは実際どう思っているのか、胸中を聞いた。

  • 画像は岩手県の公式サイトのスクリーンショット
    画像は岩手県の公式サイトのスクリーンショット
  • 画像は岩手県の公式サイトのスクリーンショット

「感染者を出してはいけない」雰囲気感じた

「本当に不謹慎ではありますが・・・『ほっとした』というのが正直なところです。感染者第一号が岩手在住の両親だったらどうしようと思っていました」

   大阪市に住む女性は記者の取材に、こう答えた。5月15日に岩手県の達増拓也知事が「第1号になっても県はその人を責めない」、「コロナかもと思ったら相談してほしい」と呼びかけたこと。だが女性は、「そうは言っても『感染者を出してはいけない』というぴりっとした雰囲気は感じていた。これで『感染者ゼロ』という精神的な重荷から解放されると思った」と話した。

   女性は毎年お盆に帰省している。ツイッターには「岩手に帰省しやすくなるね」という意見があるが、と尋ねると「そう考える人もいるだろうなと思うが、高齢の親にうつしたくないので私は帰省しない」と話した。いつも車で帰るため「県外ナンバーが親の家に駐車すること」を避けたいのもあるという。

「近所にどう受け止められるかわかりません。私は一時的に帰るだけですが、両親は地域に根ざして生きていくわけです。同じ年代のお友達と日頃親しくしていることを思うと、娘の私が水を差すわけにいきません」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!