2006年のベストドラマは?

印刷

   「古畑任三郎ファイナル・3部作」で幕をあけた2006年のテレビドラマ。今年もいろんなドラマがありました。

   NHK大河ドラマの「功名が辻」に、連続テレビ小説「純情きらり」。視聴率がよかった「西遊記」と「Dr.コトー診療所」。「のだめカンタービレ」や「14歳の母」も話題になりました。そして定番の「渡る世間は鬼ばかり」。

   そんな2006年のドラマの中で、あなたが一番感動したドラマはなんですか? あなたの「ベストドラマ」を教えてもらえませんか?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中