2018年 7月 18日 (水)

たけしさんに
迷惑かかるでしょ

印刷

   福島、和歌山についでこんどは宮崎の安藤知事。またかの県知事辞職うんざりニュース。「それでも潔白だ」といいながら悪代官。

   談合だから、“ダンゴ三兄弟”!?・・・でも3人でオシマイなのかね。監視しよう。そしたら、待ってました! 絶妙のタイミングで登場したのが、たけし軍団のお騒がせタレントそのまんま東。宮崎県知事選挙に出馬する方向だという。

   それを聞いたテリー伊藤。例のせわしない口調で「たけしさんに迷惑かかるでしょ」。たけしは「お笑いの人が政治やるのに対して良いと思っていない」からだそうだ。

   そのまんま君は宮崎出身で、早大で地方政治を勉強していて、しょっちゅう地元に帰ってマラソン大会に出場したり、年末年始のTV特番を取りやめたりと、"そのまんま"その気状態だ。「スジを通して、たけし軍団を辞めてから、てことになると思いますね」とテリー。お笑い候補に苦笑。

「浦和レッズは14年目の悲願でしたからねぇ」

   「密着!浦和が赤く染まった日」のコーナーにおける加藤浩次の発言。

   歓喜のJリーグ初優勝の夜、さいたま市浦和区が赤シャツのサポーターが燃えた。発炎筒、花火、爆竹、それにちょっとした路上の「焚き火」、逮捕者2名と・・・まさに燃えていました。

   番組としては盛り上がりぶりをリポート。加藤浩次としては「この程度のお祭り騒ぎは許してあげましょう」というニューアンス。同感です。かれらは決してフーリガンのレベルではなく、みんな盛り上がりたかったのです。

   かくいう加藤くんはTBSで「スーパーサッカー」のメインキャスター。経歴は小3から北海道選抜に選ばれたことのあるサッカー熱中少年。浦和では彼も狂喜の一員だったと邪推する。

   タレントの立候補報道は、話題としてはオモロイが公職選挙法にふれるオソレがありはしないか。「政治家になるのが夢」というそのまんま東としてもこのあたりにも入念に留意しているらしい。しかし、ありていにいえばこうしたネタは知名度のあるタレントとマスコミの談合!

文   初代不良家
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中