女性の戦い、収められ
ないとさらにダメージ

印刷

   郵政民営化での造反議員の自民党復党問題は、焦点の岐阜1区の女の戦いがし烈。現支部長の佐藤ゆかりに対して元支部長の野田聖子がもどる。次の小選挙区の公認は現職、というのが原則だが、前回は無所属の野田が勝って、公認の佐藤は比例区での当選だ。岐阜県連は2つに割れたまま。まさに、小泉が「ぶっ壊した」ままの典型だ。

   「小泉さんの後始末なのに、安倍さんから明確な発言がない。みんな歯がゆい思いで見てる」と作家の吉永みち子。「女性の戦い、収められないとさらにダメージ」はこれに続く発言。

   一方で、この復党問題で内閣支持率は一斉に下がった。「支部長には政党助成金が、つまりわれわれの税金が入るんだから、人ごとじゃない」と鳥越俊太郎。「しかし、支持率あげる材料ないよね」

「多選禁止にでもしないと癒着はなくならない」

   官製談合の疑惑で、県議会から不信任をつきつけられた安藤忠恕宮崎県知が辞職を表明した。福島、和歌山と不祥事なぜ続くのか? 従来と違って知事への権力の集中が大きい。「いわば大統領型だから」と弁護士の田中喜代重が、「多選禁止にでもしないと癒着はなくならない」と発言。吉永はまた、「みんな、ここだけかなと思ってるでしょう」

 宮崎県知事選では、タレントのそのまんま東が出馬の意欲を見せているとの報道も紹介。彼は早大に社会人入学して、地方自治を勉強していたというから、ことによるとことによるかもしれない。しかし、さすがにだれもコメントできず。

   他のワイド番組と違って、テレ朝は真面目が取り柄。だが、今日は解説、検証が続いて重苦しかった。ワイドはニュース番組ではないが、リアルタイムで起こった話は突っ込めるのが強み。今日の場合、近未来通信への強制捜査がまさにそれだったが、残念ながら食いたらず。それに対応できるスタッフがいないのだろう。

   田中が「中身が変わっただけ。豊田商事と同じ。年利20−30%なんてうまい話はありえない」といっていたが、せっかくコメントできる人たちがいるのに、明日を待つというのも、ちとさびしい。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中